FC2ブログ
  • « 2018·12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
2018’11.19・Mon

珈琲旅・珈琲屋 うず 〜雨粒の思い出と、電球色のガテマラ〜

すっかり更新が滞ってしまった。
お店を訪れたのは11月19日だったのですが、この文章を完成させたのは12月9日。
なんと、3週間も経っている(ガビーン!)。
うずを訪れた後に重い風邪をひいて寝込んでしまい、その後もあれやこれやと忙しくしていたら、こんなに時間が過ぎてしまった。
お恥ずかしいけど、どんなに遅れても書く!。
この日のコーヒーはとても素晴らしかったのでございます。



長月を出て、うずへは都バスを使って行きました。
新91系統新代田行き。
千葉県民が電車を使って長月とうずへ行こうとすると、何度も新宿を行ったり来たりしなければならなくなりますが、バスで行くとほぼ直通な感覚で行き来出来るので便利です。


代田六丁目で降りたら、歩いてうずへ向かいました。
前回来た時は気が付きませんでしたが、この辺りは大きなお宅が多い所でした。
お洒落な分譲マンションだと思った建物は、まさかの個人宅。建ち並ぶ豪邸にドギマギします。


程なく、うずに到着しました。
カウンターに座って、今日の注文を聞かれました。
私は知人の船出を祝うような気分のものをお願いしました。
古屋さんは「ふむ」と考えを巡らせた後、じゃあガテマラにします、と言いました。


出て来たガテマラ。
とても暖かい印象の丸い甘味がしました。
電球色の様な暖かさが感じられて、柔らかい気持ちになります。
苦味はあれど、その苦味は薄い器の様な佇まいで甘みを遮る事がなく、むしろ支えているような印象でした。
こんなお祝いの気持ちがあるんだなあと思い、胸の中が暖かくなりました。


そして香り。
相変わらずの古屋節の香りがすると思いながらも、トラムの時の香りとは違う感じがしました。
トラムの時は、どのコーヒーからもいつもトラムの香りが感じられました。目を閉じて飲んでもすぐトラムと分かる、それはそれは良い香りでしたが・・・。
今日のカップはそれとは違う、でも古屋さんのと分かる香りがしました。
違いをどう言い表したら良いものか、トラムの香りがトラディショナルな雰囲気の中に色気を感じるものだったとしたら、この時感じ取っているうずの香りはトラディショナルな雰囲気の中に暖かみを伴う硬派さを感じると言いますか。
でも、これ本当かなあ。
もっと色々飲んでみたいな。


カウンターの中の古屋さんはとても良い顔をしているように思いました。
きっと、やりたいことをやれているんじゃないでしょうか。
仕事が乗ってる時の充足感が滲み出ているように思えました。


先ほどから、外を行き交う人が傘をさしたりたたんだりしています。
雨が降ったり止んだりしているようでした。
ふと、古屋さんがBGMを変えました。
キースジャレットのケルンコンサート。
と、思ったところで、小さい思い出がバラバラと蘇って来ました。


何年か前、夫と古屋さんとKさんと、他に何人かの珈琲屋の店主が集まって、小さい小冊子を作ったことがありました。
そこでKさんは、コーヒーと雨の日のケルンコンサートの思い出について書いてました。
(ちなみに夫はコーヒーとラーメンについて書いてました。ラーメン・・・)


昼間、通り過ぎてきた七つ森。
外の雨。
ピアノとケルンコンサート。
隣に夫。
目の前に古屋さん。
船出を祝うべく出してもらったデミタス。
Kさんの思い出。


記憶の断片がパラパラと雨粒のように、ピアノの一音一音と一緒に沁みてくるようで、私は胸がいっぱいになってしまった。
歳をとったら涙もろくなると言うけれど・・・。
やあやあ、なんてことでしょう。
今日はなんて、胸に沁みるコーヒーなんでしょう。


雨が落ち着いた頃を見計らってお店を出ましたら、もう真っ暗になっていました。
振り返ったうずは電球色に包まれており、
外の花壇の花弁の青が、雨粒のように思えました。
20181119_uzu1.jpg




とても心に染み入るコーヒーをいただきました。
美味しかったです、ご馳走様でした!。


マスターイトーの1日はこちら

Categorie珈琲屋 うず(下北沢)   Event: - - editTOP

2018’11.19・Mon

珈琲旅・珈琲店 長月 〜柔らかな船出〜

ある日、いずみにハンサムな紳士がやって来て

ス・・・ と、ショップカードを置いていったらしい。


こ、これは・・・!!
20181119_01.jpg



鉄は熱いうちにストライク。
そうよ、行くのよ。
いざ、高円寺へ!!。


バビュンと月曜日が来て、シュビンとやってきた高円寺。
地図によれば、パル商店街とルック商店街を通り抜けて行くらしい。
ふと、駅の北口を見やると、そこには純情商店街。
ああ、あちらも何年か前に歩いて行ったっけな。
いろんなところが懐かしい。


右折の目印となる七つ森が見えて来ました。
ちょうど、Kさんと出会うか出会わないかの頃に訪れたのが七つ森。
数年前の風景が蘇ります。
七つ森にはKさんの思い出が隠れているんだね、という会話を夫としました。
夫の小銭入れには、その時に七つ森でもらったリボン付きの五円玉がまだ入っています。
夫と一緒に色々な所へ足を運ぶ内に、あちこちに記憶の断片が紛れるようになりました。
これからも、記憶の断片はあちらこちらに降り積もって行くんだろうな。
一つの街には、どれだけの人々の記憶が折り重なっているんだろうかな。


てくてくと歩く内に、こじんまりしたお店が見えて来ました。


珈琲店 長月。
20181119_02.jpg


珈琲トラムでカウンターに立っていた、飯田さんが開いたお店です。
トラムの閉店が決まった頃、カウンターで飯田さんから「お店を持つつもりです」という話を聞いて、開店したら絶対伺おうと思っていました。
見事、夢を叶えるなんて、なんてすごい事なんでしょう。
私にはとても眩しく見えます。
本当に、おめでとうございます。


早速、コーヒーを注文しました。
一杯目は、ブレンドのデミタスにしました。
並べられたデミカップは、大倉陶園の口の広い形状のものでした。
珍しさに、夫が即反応します。
素敵なカップを見て、コーヒーが待ち遠しくなりました。
飯田さんが抽出をしてくれます。
すごく緊張してます。
そして、それに夫がものすごく共感してます。
それを見て、きっと夫もそうだったんだろうなあと思いました。
自らお店を開いた人同士に通じるシンパシーを傍らで感じ取りながら、フィルターから落ちていく液体を眺めていました。


やがて出されたブレンドのデミタス。
少し軽めに感じました。そして、とても柔らかいです。
柔和なイメージで口の中に香ばしさと甘さがふわーっと広がって行くのですが、そのままふわーっと終わるかと思いきや、飲み込む直前に芯の部分に硬派な硬さが現れました。
これはなんだろう、苦味なのかな。
この最後の硬さの部分が良い塩梅になっていて、柔らかいだけでは終わらない、硬派な印象を残して一口が終わります。
柔らかいけどキリッとしてる、若旦那な感じ。
とても良い感じ。


二杯目はグアテマラのデミタスをお願いしました。
こちらはしっかり目に入っています。
そして、やはり柔かい印象です。
ふわ〜っと口の中に入ってきます。
全体的に非常にバランスのとれた味わいで、苦味はあっても苦すぎず、酸はあれどもあり過ぎず、丸い丸い印象でした。
そして、やはり核の部分に硬派な硬さ。
ブレンドと同じ印象。
ひょっとしたら、飯田さんはこんな感じの人柄なのかなあなんて思いました。


コーヒーに舌鼓を打っていると、ご近所のおじいちゃん・おばあちゃんズがご来店。
一気に賑やかになる店内。
おじいちゃん、おばあちゃんの屈託のないおしゃべりに、夏見台的既視感を感じてしまう!。
きっと、地元の人たちに愛されるお店になっていくだろうなあ。


ゆっくりコーヒーを味わって、お店を後にしました。
20181119_03.jpg


柔らかい味わいに、穏やかな船出を思いました。
美味しかったです。ご馳走様でした。

Categorie珈琲店 長月(高円寺)   Event: - - editTOP

2018’11.12・Mon

珈琲旅・蕪木 〜二枚のガラス絵〜

本所吾妻橋まで行ったので、テクテク歩いて蕪木さんへ行きました。
涼しくなって来て、お散歩が楽しいです。秋はいいなあ!。


お店に着いたらカウンターが空いてましたので腰掛けました。
メニューにヤンニハラールモカがあったので、それをデミタスでお願いしました。
それと追加で、コーヒーに合うチョコをお願いしましたら、ベネズエラを勧めてもらえました。


蕪木さんのコーヒーは、いつもチョコを口に含んでからが本番のように思います。
コーヒー単体だと深目の落ち着いたコーヒーだと思うのですが、そこにチョコが入ってくる事で急に色鮮やかになり、その変化にいつも驚きます。
お互いの間隙をお互いが埋めて行く関係。
チョコがコーヒーを必要とし、コーヒーがチョコを必要とする静かな融和の世界。
まるで2枚のガラスにそれぞれ違う模様が描いてあって、それを2枚重ね合わせた時、初めて一枚の絵が浮かび上がってくるかのような、コーヒー単体の時には現れなかった色鮮やかさ。
端正な光を放つ幾何学模様。
うーん、うまい! と唸ってしまいます。


なんでしょうね、最初はやや酸味から入ってくるのですが、その後最低でも4層くらいの(もっとあるかもしれない)種類の違う旨味のようなものが折り重なって来て、間に甘味や苦味も挟まって来て、どこまでがコーヒーでどこまでがチョコなのか、良くわかんないけど兎に角美味しいよ、という感覚でした。
それぞれ、あれがこれでと例えるのも野暮ったいような、言葉にはせず理屈にならないところで美味い美味いと言っていたいような、そんな気持ちにさせられます。
最後のチョコの一欠片が口の中で溶けちゃう時は名残惜しかったなあ。
ああ、あれは美味かった・・・。


コーヒーのお供のチョコや、チョコのお供のコーヒーには沢山出会った事があるけれど、二つで一つの世界を作ってしまうコーヒーとチョコレートは無かったなあ。
これはチョコとコーヒーと両方良く分かってないと出来ないんでしょうね。
多分、隣の人のチョコと交換こして口に入れたら、この綺麗なガラス絵は出てこないんじゃ無かろうか。
そんな気がすごくしました。
きっと、「これにはこれですね」と、蕪木さんにお勧めされた通りに口に入れるのが幸せへの第一歩のように思われたので、次に行った時も蕪木さんにお勧めされたとおりのものを素直にいただこうと思います。


とても美味しいひと時でした。
ご馳走様でした!。
20181112_04.jpg


マスターイトーの1日はこちら

Categorie蕪木(蔵前)   Event: - - editTOP

2018’11.12・Mon

珈琲旅・カフェ スタイル コジロウ 〜甘い香りと凛々しい味〜

この日は朝に喫茶いずみの用事を済ませて、少しゆっくりお出かけしました。
お客さんが熱く勧めていた蔵前の洋食屋さんでお昼ご飯を食べて、散歩しながらコジロウさんへ向かいました。
今日は歩いたことない道を歩いてみよう!という事になり、駒形橋を歩いて行きました。
見た事ない街並みが新鮮です。


道の正面にスカイツリー。
20181112_1.jpg



そして、いつもと違う角度のウ○コビル。
20181112_2.jpg



この角度の黄金のアレは見応えがありました。


そこから更にテクテク歩いていったのですが、先ほどの黄金のアレが夫のソレを呼んだのか、夫はコジロウさんの目と鼻の先にあるコンビニのトイレに吸い込まれて行きました。
待つ間、私はすぐそばの不動産屋さんの間取り図を見て遊んでいたのですが、何となく視線を感じるので振り返ると、そこにはコーヒー友達のT君が立っていました。
まったく偶然だったそうです。
嬉しい偶然を喜び合っていると、お花を摘み終わった夫が戻って来ました。
思わぬ出会いに、夫も大喜び。
仲良く3人でコジロウさんへ向かったのでした。


カウンターに腰掛けて、私とT君はモカマタリのデミタスをお願いしました。


モカマタリ、デミタス。
いつもの小島さんの甘い香りがカップから豊かに香ります。
この香りが本当にご馳走で、上質のコーヒーシロップのような甘さを放っており、飲む前から期待が膨らみます。
香りが甘いから、さぞコーヒーも甘かろうと思って口に含むと、なんと液体の方は甘くない凛々しい味をしています。
深目に煎った苦味と旨味の複合体。
苦味は舌に刺さるような刺激的なところへ行かない絶妙な加減で納まっており、そのうえに何層もの旨味が幾重にも重なって複雑な味を醸し出していました。
味の厚みの重厚感と、味わいのグラデーションの緻密さ。
どれを取っても一級品としか言いようがない。
そうだった、そうだった、香りで期待した味を裏切って、意外な味覚が舌に乗る。
この意外性。
良い方に転んじゃう裏切り感。
いつも「やられましたー、参りましたーー」と思ってしまいます。
コーヒーの甘い部分は全部香りになってしまっているかのような印象です。
香りで甘く、味で凛々しい。
そんな印象をいつも感じます。


美味しいコーヒーに舌鼓を打ちながら、3人が初めて会った時もコーヒーのイベントだったよね、などの思い出話に花が咲きました。


今日も本当に美味しいコーヒーでした。
ご馳走様でした!。
20181112_3.jpg


マスターイトーの1日はこちら

Categorieカフェ スタイル コジロウ(本所吾妻橋)   Event: - - editTOP

2018’11.05・Mon

珈琲旅・パーラーキムラヤ 〜夢のプリンアラモード〜

浅い夢だから・・・胸を離れない。
それは初恋。


輝く船だから・・・胸を離れない。
それはプリンアラモード。


近頃、プリンアラモードが胸を離れない。


若かりし頃はおしゃれなカフェに憧れたものですが・・・
おしゃれから安らぎに回帰するタイミングがあるようです。
珈琲屋はもちろん大好きですが、喫茶店だって大好き。
特に純喫茶の安らぎは、他に変えがたいものがあると思う。


喫茶店のメニューといえば、

ホットケーキ、

ナポリタン、

バタートースト、

チョコレートパフェ、

そして、プリンアラモード!!。


前述4種は比較的容易に食べられますが、プリンアラモードは出しているお店が限られていて中々お目にかかれません。
町のお菓子屋さん・シャト○ーゼにも持ち帰り用のプリンアラモードは売っているのですが、違う、これじゃない。
そう、あの三日月風のガラスの器に盛られたあの姿。
あれが、あれが良いのだよ!!。


と、日々思ってましたら、実現する日がやって来たのでした。


新橋駅前ビル地下のパーラーキムラヤ。
店内の水槽に熱帯魚が泳いでいる。
すっごく落ち着く!!。


運ばれて来たナポリタンとチキンライス。
20181105_01.jpg



実に・・・実に良い眺めである!!。


充実して食べるために、朝ごはんはヨーグルトだけにして来た。
時は来た!!。
ガツガツ食べる。
ナポリタンのケチャップ味が五臓六腑に染み渡る。
くーーーーっ、うまい!!。
チキンライスもすんごく美味しい。上に乗ってる卵がふわふわ。
これをオムライスと呼ばずに、チキンライスと呼ぶ。
そこに痺れる。
カウンターの中で、じゅっじゅっとフライパンを煽るおじさまにグッと来る。


コーヒーが運ばれて来ました。
超絶熱くて火傷する。
そうだ、最近ぬるめのコーヒーばかり飲んでいたから、アツアツのコーヒーがあるということをすっかり忘れていました。
ふーふー冷ましながら飲む。
透明感を持っていて、しっかり苦いのに苦すぎない。そしてほんのり甘味。
ややや、美味しい。
コーヒーに満足し出した頃に、本命のプリンアラモードが運ばれて来ました。


この・・・プリンの輝きよ!!!。
20181105_02.jpg



ああ、まさに。
この姿、この姿に会いたかった。


輝くプリンはしっかり固め。
アイスはほんのり卵色。
美味しい美味しいと食べていると、夫がフォークを持って参戦して来ました。
彼はプリンとアイスと生クリームの混じり合ったところが特に気に入ったようでした。


ほら! ここ美味しいよ!(コネコネ)
妻も食べてごらんよ(コネコネコネ)
ほらほら、ここ、ここ、ここだよ!!(コネコネコネコネコネ)


ああーーーーーっ、プリンアラモードがーーーーーー。


と、いった騒動はありましたが、大変楽しく美味しく、プリンアラモードの時は過ぎていったのでした。
コーヒーの旅の途中で、プリンアラモードに寄ってくれてありがとう。
とても美味しかったです。


パーラーキムラヤを出て地上階に出たら、カフェテラス・ポンヌフの前に行列ができていて、マッチョなお兄さんがモリモリとナポリタンを作っていました。
カウンターにズラリとならんだホカホカナポリタン。
ああ・・・良いね!!!。
こちらのナポリタンもいつか食べに来ようねと話しながら、新橋駅前ビルを後にしたのでした。



マスターイトーの1日はこちら

Categorieパーラーキムラヤ(新橋)   Event: - - editTOP

 |TOPBack