FC2ブログ
  • « 2019·07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
2018’09.30・Sun

かうひい堂 〜マタリと、勝手に関口一郎さんを偲ぶ会へ〜

この日は夜に、「勝手に関口一郎さんを偲ぶ会」に出席する事にしていましたので、喫茶いずみはいつもより早い3時半に閉店。急いで支度して出発しました。

この日は台風24号が来ていて、天気は大荒れです。
関東が暴風域に入るのは夜半という予報で、この時間はまだJRも動いていました。
無事に恵比寿に到着。
かうひい堂も今日は17時半閉店です。滑り込みセーフで入店しました。


私はオールドマタリNo.9、2005年をお願いしました。
20180930_1.jpg



どのカップにしようか悩んで、今まで選んだことのないのにしました。
香りの下の穏やかな味わいが美味しいです。
程よく枯れて身軽になったような香りと、親しみの持てるふわりとした酸と旨味でした。


透明感の分厚さは、先日いただいたアルディムが群を抜いているように思いました。
夫のブラを一口もらいましたが、アルディム、マタリNo.9オールドと3つ並べた中では、一番どっしりして感じました。


開店日が被るのでかうひい堂に来られなかった夫は、初めて来られたかうひい堂に興奮してました。
隣の席には、あちこちでお名前だけ伺っていて実際に出会ったことは無かったK下氏がいらっしゃり、パーっと話に花が咲きました。もっと沢山お話をしていたかったですが、もう移動の時間になりました。






内田さんのリードミルを車に積み込むのをお手伝いし、そのまま内田さんご夫妻と一緒に関口一郎さんを偲ぶ会の会場へ移動しました。
内田さんの黄色い車が、強い風の中を尾山台へ向けてひた走ります。
会場に着いたのは、偲ぶ会が始まる19時丁度くらいでした。
会場の讃喫茶室の前に車を横付けして、ひとまず私が車を降り、会場へ到着した旨報告に行くと竹林さんと目が合いました。
思わず、「タケバヤシさあ〜ん」と声が出ます。
駆けつけて下さった竹林さん、重さ50kgはあるリードミルを一人で抱えて持って行ってくださいました。な、なんて怪力なのでしょう。
内田さん達がエッサホイサと準備を進める間、偲ぶ会が始まりました。


席に着くと、すぐ近くに関さんがいました。同じテーブルにはK形さんもいました。
台風の景況で、参加できたのは15人程度とのことでした。
繁田さんの挨拶があり、続けて内田さんがお話をされてました。
それから、人数が少ないこともあって、それぞれ一人づつ自己紹介を兼ねて関口さんの思い出を立って話して行くことになりました。
その間に、Sさんがとても品良く会費の事を伝えに来て下さいました。わわわ!、恐縮!。
私も立って話をしました。
私は、思い出のグァテマラ・オレンジラベルのデミタスの事と、関口さんと一言も話しが出来なかった話をしました。
ああ本当に、何も話し出来なかった。
ランブルに行ってもペコリとお辞儀するのが精一杯で、結局一言も話せなかったです。
話が出来なかったという事すらも思い出ではあるのですけど、やっぱりお話ができたら良かったなあという気持ちはどうしてもあります。
それぞれの胸の中に、自分だけのランブルの思い出があるんだろうな。
会の途中でDさんともお話し出来ました。今日、こんな風にお話ししてもらえるだなんて思ってなかった。嬉しかったなあ。


カウンターの中では、内田さんがモリモリとコーヒーを淹れていて・・・、夫も抽出をさせてもらえました。
夫がすごく楽しそう。
憧れの内田さんと揃い踏みが出来るだなんて!。
きっと今、夫の胸の中で夫の夢が一つ叶っている最中なんだろうなと思って眺めていました。
良かったねえ、良かったねえ。


関さんが持参したブラジル・カルモシモサカが振る舞われた時、会場の空気が変わりました。
「どうしたの、この豆!」
わあ、やっぱり皆さんすごい人たちばかりだったんだ。わかるんだ。
私はブラインドで出されたら、カルモシモサカって分からないかもしれないわ。
美味しいって事だけはわかる自信あるけど・・・。


台風がどんどん迫って来ていたので、少し早めに会は終わりました。
関さんを乗り換え駅まで見送って・・・さて、自分たちも千葉へ帰らねば!。
この日、十一房珈琲の方がフェイスブックで書いていました。
「千葉県民は江戸川を越えなければならない」
そう、まさにその通りで、強風が吹くと電車が江戸川を越える事が出来ず、立ち往生してしまうのが千葉県民の抱える危険なのであります。
そして、その危険はすでに訪れていたのです。
JR線が全て運休状態。
進めたとしても東京駅止まり。


すわ!、やんぬるかな。


いやいや、待て待て。
千葉県民は、江戸川立ち往生伝説の他に、もう一つ伝説を持っているではないか。


そう、京成最強伝説!!


何があろうとも、例えどんなにゆっくりであろうとも進む電車、京成電鉄。
私たちは、その京成最強伝説に賭けました。
そして・・・。
京成は見事、人々の期待に応えて動いていたのです。
すごいな京成!!。


コトコトと京成に守られて、無事に船橋にたどり着く事が出来ました。
家に着いた途端、一気に暴風が始まりました。
間一髪だったようです。
疲れていたので、即寝ました。
外は大荒れでしたけれども、幸せな夜でした。


マスターイトーの1日はこちら

Categorieかうひい堂(恵比寿)   Event2018_09月-勝手に関口一郎さんを偲ぶ会   - - editTOP

 |TOP