FC2ブログ
  • « 2019·07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
2018’10.29・Mon

2018大阪・岡本太郎旅2 〜太陽の塔爆発編〜

モノレールの駅を降りましたら・・・いた!!。
20181029_20.jpg



いたいたいた、いたーーーー!!。
太陽の塔!。


なんだかもう、気持ちが高揚しまくっていておかしくなっている。
予約の時間が迫っている!。
立ち止まって眺めていたい気持ちを抑えて、足早で塔の入り口に急ぎました。


それでも、写真は撮る。
20181029_21.jpg



急ぎ足で歩きつつも、撮る!。
20181029_22.jpg



そして、いよいよ太陽の塔の中へ。
中は一切、写真撮影禁止。
入った途端、全方位から迫り来る岡本太郎の気配。
岡本太郎の言いたいことがずんずん迫ってくる気がする!!。


生命とは、生きる! 生きる! 生きる!。
生きて、生きて、生きてゆく、ほとばしり続ける生命力だ!!。
生命の核の中の核から、あらゆる方向へ向けて放たれ続けるエネルギー。
太陽が熱量を発し続けるように、生命力という熱量を発し続けるもの。
それをきっと魂と呼ぶのだ!。
これを爆発と言わずになんと言うのか。
魂は叫びたがっているのだ!!。


生命の樹が脈打っている。
脈動する生命の樹のそばで、無数の命がそれぞれの「生」を生き切っている。
生きろ! 生きろ!
そんな岡本太郎の叫びが響いてくるようで、全身の震えが止まらない。
岡本太郎の爆発は、燃料注いで火をつけたり、爆弾がボーンというような、そんなものじゃなかった。
自分自身の核融合反応、魂の超新星爆発!!!。
あーもう、どうしたらいいんだ。


四方八方から岡本太郎が降り注いで来てどうしようもない。
まさに、岡本太郎のシャワー!!。
岡本太郎は本当に死んだの!?。
実はまだ生きてるんじゃないの!?。


なんて物を作ってしまったんだ、岡本太郎。
これが48年前に出来たなんて本当なの。
昨日の間違いじゃないの!?。
どうしてこんなに新しいの!?。
これが、これが本物か!。
本物の底力なのか!!。
普遍を貫いたものは、時間を超えて新しいのか!!!。
ああーー本当になんて物を作り出してしまったんだーー岡本太郎よ〜〜!!!!。


あんまりビリビリ痺れまくってしまったので、太陽の塔を出た頃にはすっかりノックダウンしてました。
再び仰ぎ見る太陽の塔。
20181029_23.jpg



入る前とは全然違って見える。
20181029_24.jpg



すごかった。
20181029_25.jpg



来て良かった。


ありがとう、岡本太郎。
まだまだ体の震えが止まらない。
夫もありがとう、連れて来てくれて。
私は本当、来て良かったよ。



帰り道の夕日。
雲間からの太陽にも歓喜を感じてしまいます。


・・・・!!。
20181029_26.jpg


あーーーーーっ、太郎よーーーーーー!! 
もう、何にでも岡本太郎を感じてしまう。




興奮が冷めないまま、井尻さんお勧めのたこ焼き屋さんへ行きました。
運ばれて来たアツアツのたこ焼き。


・・・っ!!。
20181029_27.jpg


岡本太郎の後では、このたこ焼きの中にもマグマを感じてしまう!!。



帰りの新幹線に乗った時には、完全にグッタリしてました。
新幹線の車窓から太陽の塔が見えるんじゃないかと夫と目を凝らしましたが見つけられませんでした。
車窓はもう真っ暗でした。
アイスクリームを食べて、やっと自分の温度が下がり出し・・・
夫はブログを書き始めました。


3、4日大阪にいたような気分でしたが、たったの1日しか経ってなかったんだと、新幹線の中で気がつきました。
ありがとう、岡本太郎。
ありがとう、大阪!。
私はこの感激を忘れない!。


こうして、2018年2度目の大阪旅は幕を閉じたのでした。
(おわり)


マスターイトーの1日はこちら

Categorieコーヒーいろいろ   Event2018_10月-大阪・岡本太郎旅   - - editTOP

2018’10.29・Mon

2018大阪・岡本太郎旅1 〜ハルカスそして井尻珈琲焙煎所編〜

大阪へ行くことになりました。
太陽の塔に会いに。
夫は岡本太郎の大ファンでしたが、私は岡本太郎がさっぱり分かりません。
奇抜でぐねぐね。
率直な感想は「なんだろうこれ」。
それが旅を終えた今、岡本太郎への認識は180度変わってしまった。
岡本太郎、すごかった。
もう完全に魂持って行かれてしまった!!。

そんな、魂が爆発した1日は、西船橋から始まったのでした。






28日の夜、西船橋で大阪行きの深夜バスに乗りました。
アイマスクと普通のマスク(即ちダブルマスク)、そしてネックピロー。
車内がものすごく乾燥していたので、マスクをして正解でした。
夫は私が寝られないのではないかと心配してくれていましたが、私は寝床には鷹揚にできている方らしく、即熟睡しました。


あっという間に大阪に到着。
予定よりもかなり早い、早朝6時半に大阪の地を踏んでいました。


朝が早すぎるので、開いてるカフェを探して時間を潰しました。
「喫茶店へ行くためにカフェで時間潰すって面白いねえ」
なんて話をしつつ、時間を見て丸福珈琲店先日前本店へ向かいました。


丸福珈琲店。
20181029_01.jpg



大分前に、羽田空港のお店でホットケーキを食べましたが、本店のものを是非とも食べてみたかった。
お店の内装がとても素晴らしく、ステンドグラスやシャンデリアが古き良き日本の喫茶店をありありと表していて、これだけでも来て良かったと思いました。
コーヒーはバシッと苦い系。
ホットケーキはホワホワのホカホカ。
20181029_02.jpg

おお・・・うまーい!。
美味しい燃料を補給して、アベノハルカスに向かいました。






ここで、太陽の塔の実物の顔部分が展示されているそうです。
こちらのあべのハルカス美術館は写真撮影OKとの事だったので、バシバシ写真を撮りました。


もう、のっけから胸を鷲掴みにされます。
なんだか全然分かんないけど凄い!!。
20181029_03.jpg



大はしゃぎの夫。
20181029_04.jpg



大阪万博のときの太陽の塔・地下展示のパノラマ模型がありました。
20181029_05.jpg


こんな風になってたのか!。


地下展示 いのり。小さい模型なのにゾクゾクする!。
20181029_06.jpg



地下展示 いのち。
20181029_08.jpg



地下展示 ひと。
20181029_07.jpg



これ、実際の展示を生で観たらどうなっちゃっうんだろう!!。


生命の樹。
20181029_09.jpg



生命の進化を謳いあげていることが伝わって来ます。
上の方に人類がいる訳だけど、生命の樹自体はまだまだ上へ上へと伸びている。
そのことに感動してしまう!。


太陽の塔の内部模型。
20181029_10.jpg



えっ、生命の樹って太陽の塔の中身だったの!?。
衝撃!!!!。
太陽の塔に内臓があったなんて、しかもそれが生命の進化を謳いあげているだなんて。
岡本太郎・・・!!。
天才だった!!。本当に本当の天才だーーー。


太陽の塔の顔部分の実物を見る。
20181029_11.jpg



大きすぎて、全部画面に入らない。
でも、それで良い。むしろそれが良い!!。


岡本太郎が万博で言いたかった事を何となく感じ取って、美術館を出る。
胸の高揚感が治まらない。
なんだか良くわからなかった岡本太郎が、すっかり好きになってしまった。






ふわふわの高揚感のまま、星霜珈琲店を目指しました。
今度こそ、コーヒーをしっかり味わおうと思っていたのですが・・・あっとまさかの臨時休業。
あわわ、下調べが足りませんでした。次こそ、次こそは!。

道中のお好み焼き屋さんでお好み焼きをいただいて、もう一つ行きたいと思っていたコーヒー屋さん・井尻珈琲焙煎所を目指しました。
20181029_12.jpg



2年ぶり位になりますでしょうか。
前に来た時は、確かリヒトとかなんちの跡地を一生懸命探してたんですよね。懐かしいです。
夫と二人でブレンドをいただきました。
柔らかい透明感、しっかり苦くて、ひっそりと丸い甘味を湛えていました。
うーーーん!! とても美味しい。
美味しいたこ焼き屋さんを教えてもらって、お店を出ました。


太陽の塔が待っている!。
足取りも軽く、万博記念公園へ向かいました。

(つづく)



マスターイトーの1日はこちら

Categorie井尻珈琲焙煎所(大阪)   Event2018_10月-大阪・岡本太郎旅   - - editTOP

 |TOP