FC2ブログ
  • « 2019·07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
2019’06.17・Mon

珈琲旅・カフェ・ドゥ・ワゾー

またしても、もんのすごく更新に間が開いてしまった。
今年に入ってから何かと忙しく、ブログに回せる時間がなかなか取れなくなってしまった。
パートと夫のお店の手伝いの他に、結婚式があって、そしてまさかの伏兵・町内会の乱入。
要領が良ければスパッと回せるんでしょうけどねえ。
もたもたしてしまってますけども、コーヒーの影を残して行きたいからブログは書いて行きます。
記事がたまりすぎてしまったので、新しい記事を進めつつ古い記事を足していくことにしました。






久しぶりに阿佐ヶ谷に来ました。
新緑を過ぎた緑が、濃くなりつつありました。
20180618_w00.jpg



風は爽やか、実にいい気候です。こんな季節が長ければいいのになあ。
通りを歩いて行くと、遠目にワゾーの看板が柔らかく光っているのが見えて来ました。
扉を開けると店内はたまたま人がおらず、宗さんが座って新聞を開いていました。
カウンターに腰掛けました。


メニューを見て何にしようか一瞬迷うのですが、いつもモカマタリになってしまう!。
やっぱり飲みたいモカマタリ。
モカって美味しいのよねえ。


それにしても、宗さんの所作はキビキビしててかっこいいのだった。
こう、抽出する姿勢もビシっとしていて、もはや武道の型のよう。
何も考えなくても自然にポットが型の位置に収まるかのような無駄のなさ。
夫が目指したくなっちゃう気持ちも良くわかるわあ。
生涯現役、生涯カウンターマン!。
かっこいいなあ!。


宗さんのお湯の指し方は、スッスッとしている。
点滴ではなく、線である。
そう、抽出は結構早目。
前からも認識しているのですが、見るたびに不思議な新鮮さを覚えるのであります。
眺めている間に、以前自宅で宗さんの真似してコーヒー淹れて、大失敗したのを思い出してしまった。
難しいんだよなあ。
宗さんや内田さんの抽出見てると、こんなに早く淹れてるのにどうしてしっかりしたデミタスが入るんだろかと、いつも思うのであります。
ミラクルミラクルだあ。


やがて、私のモカマタリ・デミタスがカチャリと提供されてきました。
白と青の、イチョウみたいな葉っぱが描かれたカップ。
マタリの良い香りが、早く飲めと誘ってくるようでした。


飲んでみれば、期待通りの味わい。
ふぉふぉふぉ〜〜、美味しい。
バリバリ硬派の深煎り。
苦味は入ってるけど、柔らかい。ふくよかな甘みと柔らかい苦味との間を、コーピーの旨味が繋ぎをしていて、そこに豊かな香りが立ち上ってきます。
苦味が入れどイガイガする手前、香りが飛んでしまう手前、甘みが盛り上がって盛り下がる手前。
そんなギリギリ手前でピターッと火を止めてる感じがして、わーすごい〜〜と思うのだった。
バリバリ硬派。
美味しいです、宗さん。


大分コーヒーの酸っぱさも楽しめるようになって来た今日この頃ですが、もともとの自分の嗜好、すなわち「深煎り好き」の琴線に響きまくる宗さんのモカマタリは、今日も美味しかったのでした。
冷めてくると、少しくぐもったかのようなイエメン特有のよい香りが更に深くなってきて、ますます良かったです。


私がデミタスをちびちびやっている間、夫は2杯目のコーヒーを楽しんでいます。
そんな目の前で、宗さんが他のお客さんのケーキを切り始めました。
すごく慎重に位置を見定め、スッとナイフを入れる宗さん。


こ・・・これは・・・


真剣一本勝負・・・!!! 


ケーキを切り分ける時にも、武士を感じてしまった。
そんな6月のカフェ・ドゥ・ワゾーでした。
20190618_w01.jpg



美味しかったです、ご馳走様でした。
(2019年6月20日、記)


マスターイトーの1日はこちら

Categorieカフェ・ドゥ・ワゾー(阿佐ヶ谷)   Event: - - editTOP

2018’12.23・Sun

カフェ・ドゥ・ワゾー 〜モカマタリ〜

年末に珈琲をいただくと、自然としめやかな気持ちになってきます。

「ああ・・・今年も飲んだな・・・」

とか、

「ああ・・・来年も(コーヒーを)よろしくお願いします・・・」

とか。

勝手に自分の頭の中で暮れの感傷が溢れているだけなんですけれどもね。
そんな師走のコーヒーを頂きたいお店は何店かあるのですが、師走は我が身も何かと忙しく、今まで全てを回りきれた事がありません。
今年は既に、もう行けないお店が何店か出て来てしまいました。
来年は全部回り切りたいなあ。
さて、昨年行きそびれてしまったからこそ、今年こそは絶対伺いたいと思っていたお店へ伺う事にしました。


カフェ ドゥ・ワゾー。
20181223.jpg



調べたら、前回訪れたのは5月でした。
大変ご無沙汰になってしまった。
なんてことなの。


店内はほぼ満席。
始めてカウンターの真横の席に座りました。
ここからだと、マスターの宗さんの仕事ぶりを横から見る事になります。
背筋がピシッとしてて、動きに無駄がありません。
生涯現役という風格が出ていて、それがもう本当にかっこいい。
腰にしばった白エプロンにすらしびれてしまう。
夫が憧れるのすごく良く分かるわあ。
あんな風に年を取っていきたいよね。


などと思って注文を決めていたら、忙しく抽出している最中の宗さんが横目でこちらを見て「ご注文はお決まり?」と声をかけてくるので「いつ見てたんですか!?」と思いました。
さすがだなあ。


モカマタリのデミタスをお願いしました。


始めから終わりまで、味の佇まいが変わりません。
甘味と苦味が溶け合って、厚みがあります。
味覚の間を埋めるコーヒーの旨味が、味の輪郭の外に漏れ出て来て、口の中いっぱいに広がりました。それでいて味わいのキレがよく、喉の奥あたりでスッとなくなります。
その後、スッと訪れる戻り香。
あーーー美味しいな。
満足!。


そういえば、今まで店内をよく見回したことがなかったのだけど、改めてお店を眺めていると、細かいところに神経が行き届いているのに驚きます。
花瓶に活けてあるお花も、活け方がとても綺麗。
カウンターの植木鉢の周りには、さりげなく可愛いリンゴが置いてあります。
入り口には真っ白なシクラメン。
このシクラメンが本当に可憐で、いつまでも眺めていたい気持ちになりました。
うっかりすると見落としてしまいそうな足元にも、美しいものを置く。
すごいなあ!。


10円と100円が使える公衆電話があるのに初めて気が付きました。
わあ、懐かしいな!。
昔、テレホンカードも無い時代は、小銭でかけてたんですよねえ。
遠くにかけると小川のせせらぎのように10円が吸い込まれていって焦るという。
そんな頃の事を思い出しました。


とても美味しいコーヒーでした!。
ご馳走様でした、ありがとうございました。

Categorieカフェ・ドゥ・ワゾー(阿佐ヶ谷)   Event: - - editTOP

2018’05.21・Mon

珈琲旅、阿佐ヶ谷・銀座3 〜カフェ・ドゥ・ワゾー編〜

カフェ・ドゥ・ワゾー

2018年5月21日のカフェ・ドゥ・ワゾー


すごく久しぶりになってしまいました。
カウンターには常連さんが二人、おしゃべりを楽しんでいました。
自分たちはテーブル席に座りました。

コーヒーは、コスタリカにしました。
今日はコーヒーの量が多かったので、デミタスは止めて普通の濃さのにしました。

宗さんはキビキビしていて、お客様への受け答えも近過ぎず遠過ぎずでカッコイイです。
程なくして、コーヒーが運ばれて来ました。
透明感の中で、ほろ苦く甘い味わいが広がります。
立ち昇る香りが素晴らしいです。
あまり酸は感じなかったのですが、でもきっとあるんだろうなという気がしました。
苦甘の中にも爽やかさがあるというか・・・。
味が沈み込まずに、口内の中空で留まって喉に落ちる感じがしました。
「あー、こういうコーヒーが飲みたいのです!」という感じの王道を行く感じのコーヒーでした。
美味しかったなあ。また飲みに来よう。
ご馳走様でした!。


ワゾーを出た後は、銀座へ向かいます。
阿佐ヶ谷からは丸ノ内線で一本で行けるようなので、パール商店街を通り抜けて南阿佐ヶ谷駅を目指しました。




パール商店街。
2018年5月21日の阿佐ヶ谷パール商店街


アーケードは良いですね、雨の日も夏の暑い日も楽だし。
船橋にも少し前まで古いアーケードがありましたけど、無くなってしまいました。
メンテナンスが大変なんだろうなあ。

お腹が空いていたので、何か軽く食べようと話していたら目の前にコッペパン屋さんが現れました。

めくるめく、コッペパンの世界・・・。
魅惑のコッペパン屋さん


ステキー!。
コッペパンの具は、甘いものからご飯系のものまでバリエーション豊富です。
即決でお店に入りました。
カウンターには懐かしの揚げきな粉パンもあり、気分がアゲアゲになります。
マスターイトーはコンビーフポテトパン、私はコロッケパンをお願いしました。

アッツアツのコロッケパン。
揚げたてアツアツ コロッケパン


コッペパンはフカフカで、コロッケは揚げたてでアツアツです。
こんな美味しいパンが350円!。うわー、近所にあったら絶対通うなあ。
次に阿佐ヶ谷きたら、甘い系のパンも食べてみよう。

コッペパンを食べた後、マスターイトーは焼き鳥屋で買い食いしてました。
往来で食べる焼き鳥は美味しいのよねえ。
商店街の散策を楽しんで、電車に乗って銀座に向かいました。

Categorieカフェ・ドゥ・ワゾー(阿佐ヶ谷)   Event: - - editTOP

 |TOP