FC2ブログ
  • « 2019·02
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  •  »
2019’01.22・Tue

珈琲旅・盛岡7 〜白龍、機屋〜

機屋の居間を借りて、一泊させてもらいました。
お布団はポカポカと暖かく、ぐっすりと寝られました。
ムクリと起きたら、夫がそそくさとカウンターへ向かいます。
「抽出しよう!」
朝の機屋のカウンターで、自主練を再開しました。


昨日の感じを思い浮かべて、お湯を垂らしました。
私は、すこし「待つ」のをやってみました。
そうすると果たして、なんと、豆は待ってくれたのです。
そうして淹れたデミタスは、酸が柔らかくなっていました。
しかし、旨味の部分が固いなあ。
そこへ関さんが起きてきたので、飲んでもらいました。
「美味しい」と言ってもらえました。
「関さん、それ、半分は優しさでしょう!」と言ったら、関さんはニヤリと笑いました。
そうか、豆は待ってくれるんだと思い、そこに新鮮な驚きを感じました。
後に伺う「わたなべ」さんで「待ってくれない豆もある」と聞いて「ひょー」となるのですが、それは別の話として、過抽出にならずに豆にしっかりお湯を含ませるには、という部分を強く意識することとなりました。
もっと「自分がこうしたい」という気持ちから離れて、豆がどうなりたいかに心を砕いたら、豆が何かを促してくれることがあるのかもしれない。
何か、そのような事を思いました。






「よし、朝ごはん行くぞー」の一声で、ご飯を食べに出かけました。
朝の盛岡を、関さんと夫と私の三人で歩いていきます。
盛岡は空が広いなあ。


昨日も行った櫻山神社の近くの「白龍」というお店に行きました。
20190122_p01.jpg


白龍と書いて、ぱいろん。
関さんの大好物、じゃじゃ麺のお店です。
かなりガッツリな麺なので、小盛りをお願いしました。
柔らか麺に肉味噌と生姜がよく絡みます。
ほんの一、二滴ラー油を垂らすと、また味に奥行きが出て複雑になります。
おお、これはいける!。美味しい〜。


麺を食べ終わったら、卵とお湯を足してチータンタンというスープを作ってもらえます。
こちらも良いお味です。体が温まる〜。
ふと、正面を見やると、関さんが当にチータンタンを飲まんとしている所でした。
安らぎと充足で満ちた表情の関さんが、背中に朝日を受けてチータンタンを啜ろうとしている。
こっ、こんな安らぎに満ちた関さんは初めて!!。
背中の朝日が後光のよう。
思わず手を合わせたくなってしまう。
ああ、あの表情が写真に残せたらどんなに良かったろう。


大満足で白龍を出て、歩いて機屋に戻りました。
20190122_hataya01.jpg



機屋に戻ったら、今度は関さんは店主モード、我々はお客さんモードに切り替えです。
夫が、お客として機屋のカウンターに座るのは数年ぶりだと喜んでいました。
この日の機屋。
20190122_04.jpg



関さんが昨日の流れでコーヒーを選んでくださるというので、お願いしました。
一杯目、モカハラーボールドグレイン
20190122_01.jpg


薄い酸が何層にも重なっていて、旨味と甘味が呼応するように酸味の反対側で層になっている。それらが柔らかなグラデーションで溶け合っている印象でした。
一枚の絵画を観る思いがしました。
酸味の部分は薄い雲の重なりの様で、甘味と旨味の部分は日が陰る頃の西の山陰のよう。
風景全体が薄い桜色から紅色の色調の、東山魁夷みたいな色使いのように思われました。
しかし、「昨日からの流れ」かあ。
流れ、流れ・・・うーんうーん、流れが見えない。恥ずかしい。



二杯目、カルモシモサカ92
20190122_02.jpg



ピンとした酸味と、盛り上がる旨味。
オールドの酸の美味しさの醍醐味を堪能しました。
ランブルで飲んだブラジル・バイーア73を思い出します。
あのオールドの佇まいに、まさか盛岡で出会えるなんて。
ランブルの懐かしい思い出と、盛岡の新しい思い出が交錯します。
盛り上がる旨味の中に、軽やかさを感じます。
その軽やかさの中に、ブラジルを感じます。
最後の方に盛り上がる旨味の追い上げには唸りました。



三杯目、ブラジルセラード97
20190122_03.jpg



やはりオールドの酸味がスッと入っているのですが、それを支える苦味の層が前2つよりしっかりして感じました。
味の余韻が穏やかに残ります。
関さんが淹れるから、やはり柔らかな夢のような佇まいなのだけど、儚い夢なのか色のある夢なのか、そういう違いでもって一番色のある一杯のように思えました。
関さんが、昨日の流れからこの3つを選んだんだよ、セラードはハラーとカルモシモサカの間をいく感じなんだよ、と言っていて・・・
恥ずかしながら種明かしをされて、私はやっと「ああ!」と思ったのでした。
会話の最中、関さんは何度か、いつの間にかという程でお題を出して来ます。
夫は流石で「これはお題だ!」とピンと来て、私よりしっかり受け止めるようでした。
(そして大抵は「まだまだだなあ、タクフミィ!」となって、「ウキィ〜、クヤシィー!」というショートコントというか様式美が現れるのですが・・・)
関さん夫もすごいなあと思いました。


次に関さんがワハナロングベリーを作ってくれました。
夫はこれにも舌鼓を打っていましたが、私はこの時点でコーヒー量がかなり多くなっていたので一口だけにして自粛しました。
折角の機会なのに勿体なかったのですが、こればかりはどうにもこうにも。
さらにお恥ずかしいことには、前3杯の味を記憶しておくのに必死で、味の記録も留めておけなかったのです。
重ねて勿体ない事をしました。


最後に遊びでブラインドコーヒーをすることにしました。
謎のコーヒーがスス〜〜っと出て来ます。
ニヤニヤしている関さん。
むむー!、よし、全力だー。
オールドの香りはしますが、今回機屋で飲んだことのない味がします。
少し果物みたいなイメージというか・・・。
「赤」が思い浮かびます。
えーえー、なんだろう、全然分かんない。
「飲んだことない」という自分の直感を信じて、パナマとシモサカは除外します。
残りの瓶は3本。
「赤」のイメージを頼りに、グァテマラを選びました。
グァテマラを飲むとき「赤」が浮かぶことが多かったからという理由だったのですが、答えはハワイコナ95でした。
全然違ったーーー。


関さんがニヤニヤと、「お前さんたち、もっと探らないとダメだよ〜」と言って、瓶の焙煎日シールを見せたのでした。
わー、全然分からなかったなあ。
関さんが、ハワイは梅干しっぽく出したいと言ってて、すんなり納得しました。
確かに梅干しっぽい酸だったかも。
そうか、感じた赤は梅干しの赤だったんだなあ。


コーヒーを飲んでいる間、関さんがいろんなものを伝えようとしてくれてるのを肌で感じました。
全力で受け取ろうとしましたが、渡されたものが大き過ぎて解読できない自分を痛感します。
受け取り損ねたものがたくさんあるのではないかしら。
消化するのにも時間がかかりそう。
これからも、自分の器にも磨きをかけていこう。
渡してくれた人の心をしっかりと受け止められるように。


荷物をまとめて、機屋を後にしました。
たくさんの素晴らしいものをいただきました。
私ももっともっと、たくさん勉強していこう。
関さん、機屋の皆さん、本当に本当にありがとうございました。


20190122_hataya02.jpg
機屋、またいつか!。



マスターイトーの1日はこちら

Categorie機屋(盛岡)   Event2019_01月-珈琲旅・盛岡   - - editTOP

2019’01.21・Mon

珈琲旅・盛岡6 〜プチ自主練大会 in 機屋〜

機屋へ戻ったら、少し時間がありました。
夫が、コーヒー入れさせてもらおう!と行って、カウンターへ行きました。


まずは関さんと夫で入れ比べ。
やっぱり関さんがすごい。
コーヒーから琥珀の夢が見える。
ぐぬー!と唸る夫。
「よぉーし、次行くぞ〜」
との声に、私もうずうずしてしまって参戦させてもらいました。


2000年 パナマ
自分の抽出。
酸がピシ〜と入って来て、旨味甘味は感じられるけど酸に隠れてしまう。
琥珀の夢が全然ない。
関さん曰く、終わりの無いドラマを見てる感じ。
ああ、その感じ分かりますぅ〜と自分で思う。
味に盛り上がりや収束に欠けています。
飲んだらわかっちゃう。コーヒーは正直です。


夫の抽出。
酸が透明にピシーッと入って、透明感と味の厚みがしっかり。
ランブルリスペクトをしっかり感じられるコーヒーでこれは美味しい!と思う。
私のと全然違う。
自分の夫はすごかったのね!と、妻は尊敬の念を強めたのです。
コーヒーってすごいのね。


関さん抽出。
やっぱり3人の中で一番すごい。
酸は非常に柔らかく、旨味と甘味が優しく入って来る。中盤の旨味の盛り上がりが見事。
とにかく美味しい。
夫はすごかったけど、関さんはもっとすごかった。
さすが!。


抽出後の豆の表面を見比べる。
私のはペターンと真っ平らだけども、関さんのは春の畑の様にふわふわとしている。
関さんが言う。
「出したい味が出てないのではない。
 味の要素は全部出てるけど、尖った味が出過ぎてて欲しい味を隠している。
 味の中の何を残して、何を抑えるか。
 抽出したい気持ちを豆に押し付け過ぎているんだ。
 この豆はどういう豆なのか、2000年から寝かせてた豆ってどういう豆なのか。
 この国ってどんな国で、どんな人が携わってたんだろうかんとか・・・
 そういうのをたくさん想像するんだよ。」
と。


関さんの抽出を見て思いましたけど、関さんは豆の「間」を待っている。
豆の方も関さんの「間」を待っている。
私は豆の温度が下がるのが怖くて、とにかく点滴を垂らしてしまっている。
「待つ」という気持ちがなかった事に気づく。
お湯を入れたいという気持ちを押し付け過ぎていました。
そんな事に気付きました。


そういえば、クラリネットを演奏するときは・・・
私はど素人だから大変下手なのだけど、それでも発表会で演奏するときは、この曲はどんな曲で、作曲家はどんな人で、ここはどんな風な気持ちで吹いて、どんな風に仕上げたいのか。そんなことを当たり前に一生懸命考える。楽譜をさらっただけでは満足した演奏にならないというか・・・。
どうして、コーヒーを抽出するときに、同じように考えてこなかったんでしょう。
きっと同じ事なんでしょう。
もっともっと、コーヒー豆に寄り添っていきたい。
そう思いました。


関さんが、「まあ仕方ないよ、俺とタクフミは演者の側、あなたはオーディエンスの側なんだから」と言ってくれました。
ああ、関さんはよく分かってたんだなと思って、私はそれが嬉しかったです。
私は、自分の本分は鑑賞者だと思います。
演者の人々が持つ「熱」が、自分にはないのを日々実感します。
そうではあるけど、コーヒーは好きなので・・・
鑑賞者として、豆に寄り添いたいと願います。
差し出されたものを、受け止めきれる器を育てて行きたい。


楽しい自主練の時間が過ぎて、今度は機屋の新年会の時間になりました。
皆さんが持ち寄ったご馳走の数々。
楽しい夜が更けて行きます。
盛岡の1日目は、こうして終わったのでした。


マスターイトーの1日はこちら

Categorie機屋(盛岡)   Event2019_01月-珈琲旅・盛岡   - - editTOP

2019’01.21・Mon

珈琲旅・盛岡2 〜福田パンと機屋勉強会〜

深夜バスに揺られて盛岡へ着きました。
未明の盛岡。
空はまだ真っ暗でした。
駅の待合室で、福田パンの開店時間までゆっくりすることにしました。
待合室はポカポカで、とても居心地が良かったです。
深夜バスで私は少し寝られましたが、夫は全然寝られなかったようで、夫はここで仮眠を取っていました。
待合室には私たちの他にも深夜バスで到着した乗客たちがいて、それぞれがそれぞれの次の時間を待ってウトウトしていました。
静かでまったりとした、まるで時間が止まったかのような、そんな待合室の朝。


7時を過ぎて、いつの間にか空が明るくなっていました。
地図を確認して、出発しました。


福田パンへ向けて歩きます。
今度の盛岡行きでは、なるべく歩きたいと思っていました。
歩くとやっぱり、その町がより自分の中に入って来る感じがします。
雪は積もっていないけど、ところどころ凍っていて滑ります。
関東とは違う、ピンと張りつめた透明な空気。
ああ、東北なんだなと思う。


福田パン。
20190121_fukuda.jpg


やって来た来た、やっと来た。
あこがれのコッペパンの店。
テンション上がって、早速注文します。
私はハンバーグコッペと、あんバターコッペ。
夫はコンビーフコッペと、もう一つ何か頼んでいました。
わくわく待ってたら、なんか想像より一回り大きい袋が「どさり」と渡されました。


すごく大きい・・・
20190121_fuku00.jpg



袋の中には自分の想像より、2倍近く大きいコッペパンがどっさり入っていました。
わーーーーー、こんなに大きいとは思わなかった!。
食べ切れるかと思ったら、意外にお腹が減っていたから食べてしまったのです。
パン生地自体の味が良く、もちもちしていて「にゅ〜〜」と伸びます。
この大きめで「ふわふわもちもちにゅー」な生地が具を羽毛布団のようにしっかりと包み込んでホールド。
「具が溢れるかも」という危惧を持つことなく、安心して食べていけるのです。
福田パンのパンから愛を感じるわ〜〜〜。


大満足な夫
20190121_fuku01.jpg



胃袋がどっしり一杯になって、お店を後にしました。
やあ、美味しかったなあ。
次、盛岡来た時もここに来たいなあ。






お腹がいっぱいになったら、福田パンから機屋へ向けて歩き出しました。
てくてく進んで、機屋に到着。
20190121_hata00.jpg



ああ、こういう位置関係だったのか。
やっぱり歩くって良いな。
関さんがドアを開けておいてくれたようで、夫が躊躇なく入って行きました。
お店の中に荷物を置かせてもらい、休憩していたら関さんや機屋の皆さんが集まって来ました。
この日は朝の勉強会だったんだそうです。
その勉強会に混ぜてもらいました。


それぞれの焙煎した豆を淹れて飲んで、疑問点を挙げて行きます。
みなさん、とても真剣です。
20190121_hata02.jpg



夫も抽出させてもらっていました。
ワイワイガヤガヤ、真剣だけど楽しい時間。
20190121_hata01.jpg



次に奥の焙煎室で、関さんの焙煎の実演があります。
時間がないので、いつもより早い焙煎。
始まりの頃と、終盤の頃の豆の音の違い。
今日は硬い豆だから硬い音がするでしょ。でも、終盤は音が変わるよ・・・とか。
漂って来る香りで、焙煎の進みを捉えてるんだよ・・・とか。
温度は一回上げたら下げてはいけない、というのは以前何処かでも聞いたことあります。
温度を下げないというのは、焙煎でも抽出でも大事な事なんでしょう。



朝の9時半になったら、皆さんが慌ただしく動き始めました。
機屋の本店は今日は定休日だけど、デミは開店する日なのでスタッフは開店準備にいかなくてはならないのです。
うわー!、そんな中で勉強会してたんだ。
敬服の念が胸に沸き起こります。
皆さんを見送り、再び機屋に静けさが戻りました。


「よし、じゃあ出かけるか!」


笑顔の関さんの一声で、盛岡散策が始まりました。
さあ、出かけよう盛岡!。


マスターイトーの1日はこちら

Categorie機屋(盛岡)   Event2019_01月-珈琲旅・盛岡   - - editTOP

2017’01.17・Tue

珈琲旅・東北ジムニー爆走旅ー6 〜盛岡・機屋〜

響を出た後、ラーメンで一服したら少しフラフラからも立ち直り、最終目的地の機屋へ行きました。


機屋。
20170117_09.jpg



マスターイトーが自主的勝手に師と仰ぐ、関さんの営むお店。
今回は予告をせずに行きましたが、運良く関さんがカウンターにいらっしゃいました。
何を飲んだものか、関さんにお勧めをお願いしたら、ブラジル・カルモシモサカ1992年を選んでもらえました。
カルモシモサカ!!。
いつかの「カルモシモサカ〜カモシカカモシカ〜下総中山事件」が思い出されます。


カルモシモサカ1992年
とても軽やか。
オールドの枯草みたいな香りはするけど、ギュンとは来ずにとても優しい。
香りが揮発した後に、柔らかく溶け合った旨味と甘味。
飲み込むと口内にナッツの感じがフワリと残ります。


ブラジルからナッツ感を感じたのは、これで2度目。
一度目はランブルで林さんに淹れてもらったブラジル・バイーア1973年でした。


そうか、これがブラジルのナッツなのか。
またナッツが感じられて嬉しいな。
いつもは「ナッツ」と言われてもぽかんとするばかりだものね。
私は嗅覚とか味覚とか余り敏感ではない方みたいだから、感じ取れたときはとても嬉しいです。
ブラジルは、こんな軽やかな魅力も持っていたんだと思いました。


一つの豆の中に、いろんな魅力が隠れていて、まだ私はその中の一部しか知らない。
沢山ある豆全てに、同じ事が言えるんでしょうね。
コーヒー豆は迷宮です。
そんな迷路の中をウロウロするのが、だんだん楽しくなってきてしまった。
これからもずっとウロウロして行くんだろうな。
そんな気持ちになった機屋でした。


関さんにずっとお会いしたかったので、会えて良かったです。
また今度、ゆっくり機屋に遊びに来たいなあ。
帰り道に見た、岩手山が綺麗でした。
20170117_08.jpg



一泊二日の東北旅行は、とても良い旅でした。
Uさん、ありがとうございます。
感激ばかりしたので、日記が長くなりました。
本当に、良い旅でした!。

Categorie機屋(盛岡)   Event2017_01月東北ジムニー爆走旅   - - editTOP

 |TOP