FC2ブログ
  • « 2019·07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
2019’02.18・Mon

珈琲旅 〜カフェ・リズム〜



この日は、午前中にお店の作業がありました。
サラリーマン風に表現すると、休日出勤というやつです。
時々、忙しい時はお店の手伝いに入ります。
お給料はコーヒーとかケーキとかですが(笑)。


早朝に、少なくなってたお店の備品の仕入れに、船橋中央市場へ行きました。
市場のご飯はボリュームたっぷりで美味しいです。
食べ終わってから市場カフェを覗いて、ビーンズハウスのご主人にも会いに行って、いずみへ戻って来ました。
それからは黙々と作業・・・。
一人でやると大変な作業も、二人でやればあっという間でした。
片付けをして、出かけました。


昼過ぎからのお出かけなので、県内の柏市に行く事にしました。
カフェ・リズム。
20190218_01.jpg



入ったら、ランチ時で少し混んでました。
ブラジルを頼んだら、なんとジアマンチーマ・ヨシマツのピーベリーでした。
近頃、あちこちで見かけるヨシマツ。
Hさんの笑顔が目に浮かびます。
コーヒーは濃い目でお願いしました。
すごく深いのだけどジリジリはせずに、香りと甘みがビシッと入ってて美味しいです。
特に甘みの部分は品の良さを感じます。
冷めるとより甘みが前に出て来る印象でした。


そして、パンをお願いしました。
なんとなんと、あの高名なパン屋・ツォップさんが、リズムさんのためにわざわざレシピを作って焼いているのだそうです!。
ええっ!、そんなの、すごく食べたい。
しかも、よくした事に私の大好きなパンの耳部分が残っていて、
「お願いします、その耳を!、その耳を私にくださいっ!!」
と、熱く情熱的にお願いしたのでした。
食パンのパンの耳は最高のご馳走ですよ!。
どうしてパン屋さんは、食パンの耳を落としてしまうのかしら。
それで、その食パンは、生地はハードパンのものを使用しているようで、余計な味はせず実にシンプル。
それでいてフワフワなのがすごい。
あ〜〜〜〜〜、これは旨いパンだなあ。


こんな風にパンを食べておきながら、私はコッペパンのフレンチトーストも注文してしまったのだった。
だって、コッペパンでフレンチトーストなんですのよ。
こんなの、すごく食べたいに決まっているではないの。


ブレンドの4番とともに、フレンチトーストをいただきます。
まずはブレンド。
やはりビシリと深い。
熱いうちは苦味から入って来て甘みをほんのり残す様な味わいを覚えるのですが、冷めると甘味から入ってほんのり苦味を残す印象に変化しました。
コーヒーの甘味を出したいとお話しされていて、ああ納得だなあと思いました。
コーヒーそのものの甘みって、奥ゆかしくて私も好きですねえ。


そして、フレンチトースト。
もう、ふんわふんわで、柔らか〜。
マスターの塚田さんは、注文が入ってから卵液にパンを漬けてました。
コッペパンだから、こんなに柔らかくなるんだろうな。
耳の固いパンだったら、やっぱり一昼夜はかかるだろうし・・・。
盛り付けもとても美しくて、これは参ったなあ! と思うのです。
美味しいデミタスが飲めて、ご飯も美味しい。
贅沢なお店でした。


すっかり満足してお店を出ました。
ご馳走様でした、ありがとうございました!。

Categorieカフェ・リズム(南柏)   Event: - - editTOP

2018’04.02・Mon

珈琲旅、柏 〜カフェ・リズム(初訪問)編〜

カフェ リズム。

2018年04月02日のカフェリズム

ストリーム・ヴァレーを出た後、南柏に向かいました。
お店の前に到着したのは、もうすぐ閉店という時間でした。

今からでも大丈夫かどうか伺おうとお店に入ろうとしたその時、私の目にフカフカのネコさんが飛び込んで来ました。

ちょーかわいいネコさんがキョトンとしている。

湧き上がる激しい葛藤。
ネコさんに構いたい。
でも時間がない。

コーヒー?
ネコ?
コーヒー!?
ネコ!?

結局、コーヒーが勝ちました。

お店に入り、まだ大丈夫かお伺いしたら、良いですよとの事でしたのでカウンターに座りました。
店主さんから、どうしてこの店に?と聞かれた時、私はマスターイトーから聞いた話をど忘れしてしまった事に気が付きました。

あら?、何かあったはずだったんだけど、何だったかしら??。

最近三歩歩くとケロリと忘れてしまいます。嫌になっちゃうわー。
でも、メニューを見たら即解決しました。
ブレンドが1番から5番まであったからです。

そう、店主の塚田さんは大坊珈琲店で働いていた事がある方だったのです。

ブレンドの4番を二人分お願いしました。

しばらくして、コーヒーが出て来ました。
びしりとした太い苦味。舌の奥の方で少しジリジリした感じすら覚えます。
味の真ん中には甘味。
あと、手回し焙煎機のときに良く感じる独特の香り。
非常に男らしいというか、久しぶりに飲む野太いコーヒーです。うんうん、美味しい!。

コーヒーを飲みながら、塚田さんが働いていた頃の大坊珈琲店の思い出などを聞きました。

塚田さんの手回し焙煎機は、先日販売された大坊さんモデルで、シリアル番号が30番だったので、ブレンドの名前が030になっているんだそうです。

焙煎機の話を聞いて、マスターイトーの目がキラキラして来ました。ご好意で触らせてもらえる事になり、マスターイトーは大興奮。
本当にありがとうございます。

楽しい時間をいただいて、お店を後にしました。
大坊珈琲店の血脈の方は、気持ちの良い方ばかりだなあと思いました。
ご馳走さまでした!。

Categorieカフェ・リズム(南柏)   Event: - - editTOP

 |TOP