FC2ブログ
  • « 2019·04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  »
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Categorieスポンサー広告   Event: - - editTOP

2019’02.18・Mon

珈琲旅 〜ストリーム・ヴァレー〜

リズムの後で、スリーム・ヴァレーへ行きました。
20190218_s01.jpg



この日はとても混んでいて、カウンターは満席でした。
なので、奥の小部屋風になっているソファー席に行きました。
そういえば私は今までカウンターにしか座ったことがなかった。
この角度から見るストリーム・ヴァレーは初めてだなあ。


注文は何にするかを決めてる間に、続々と先客さんが会計を済ませていったようで、気付けばカウンターが開いており席を促されたので移動しました。


今日の注文はモカマタリ。
と言うか、今日の注文もモカマタリ。
ついつい好物を頼んでしまう。
出て来たモカマタリ。
深めの焙煎、香りの厚みたるや良し。まるで洋酒のような色のある香りと、瀟洒な印象を漂わせる旨味。
うむむむ美味しい、流石、大ベテランの味!。


提供の間、ススーーと差し出されたのは、ある有名中学校の入試問題。
コーヒーの淹れ方を使った文章問題なのですが、読んで行くと突っ込みドコロが満載。
コーヒーの作り方に対する考え方が、ある立場の人が読むとその通りなんだけど、別の立場の人が読むと全然そんな事ないよという内容で、いやいやこれは、うっかりすると喧々諤々必至でございますね。
コーヒーの作り方はいろいろあるんだなあと思った。


カウンターの話題はますます白熱しそうな勢いだったのですが、私の楽器のレッスン時間が迫っていたのでお暇をすることにしたのでした。
次に来る時は十分に時間を持って来るようにしよう。


美味しかったです、ごちそうさまでした!。
(2019年3月14日、記)



マスターイトーの1日はこちら
スポンサーサイト

Categorieストリーム・ヴァレー(柏)   Event: - - editTOP

2019’02.18・Mon

珈琲旅 〜カフェ・リズム〜



この日は、午前中にお店の作業がありました。
サラリーマン風に表現すると、休日出勤というやつです。
時々、忙しい時はお店の手伝いに入ります。
お給料はコーヒーとかケーキとかですが(笑)。


早朝に、少なくなってたお店の備品の仕入れに、船橋中央市場へ行きました。
市場のご飯はボリュームたっぷりで美味しいです。
食べ終わってから市場カフェを覗いて、ビーンズハウスのご主人にも会いに行って、いずみへ戻って来ました。
それからは黙々と作業・・・。
一人でやると大変な作業も、二人でやればあっという間でした。
片付けをして、出かけました。


昼過ぎからのお出かけなので、県内の柏市に行く事にしました。
カフェ・リズム。
20190218_01.jpg



入ったら、ランチ時で少し混んでました。
ブラジルを頼んだら、なんとジアマンチーマ・ヨシマツのピーベリーでした。
近頃、あちこちで見かけるヨシマツ。
Hさんの笑顔が目に浮かびます。
コーヒーは濃い目でお願いしました。
すごく深いのだけどジリジリはせずに、香りと甘みがビシッと入ってて美味しいです。
特に甘みの部分は品の良さを感じます。
冷めるとより甘みが前に出て来る印象でした。


そして、パンをお願いしました。
なんとなんと、あの高名なパン屋・ツォップさんが、リズムさんのためにわざわざレシピを作って焼いているのだそうです!。
ええっ!、そんなの、すごく食べたい。
しかも、よくした事に私の大好きなパンの耳部分が残っていて、
「お願いします、その耳を!、その耳を私にくださいっ!!」
と、熱く情熱的にお願いしたのでした。
食パンのパンの耳は最高のご馳走ですよ!。
どうしてパン屋さんは、食パンの耳を落としてしまうのかしら。
それで、その食パンは、生地はハードパンのものを使用しているようで、余計な味はせず実にシンプル。
それでいてフワフワなのがすごい。
あ〜〜〜〜〜、これは旨いパンだなあ。


こんな風にパンを食べておきながら、私はコッペパンのフレンチトーストも注文してしまったのだった。
だって、コッペパンでフレンチトーストなんですのよ。
こんなの、すごく食べたいに決まっているではないの。


ブレンドの4番とともに、フレンチトーストをいただきます。
まずはブレンド。
やはりビシリと深い。
熱いうちは苦味から入って来て甘みをほんのり残す様な味わいを覚えるのですが、冷めると甘味から入ってほんのり苦味を残す印象に変化しました。
コーヒーの甘味を出したいとお話しされていて、ああ納得だなあと思いました。
コーヒーそのものの甘みって、奥ゆかしくて私も好きですねえ。


そして、フレンチトースト。
もう、ふんわふんわで、柔らか〜。
マスターの塚田さんは、注文が入ってから卵液にパンを漬けてました。
コッペパンだから、こんなに柔らかくなるんだろうな。
耳の固いパンだったら、やっぱり一昼夜はかかるだろうし・・・。
盛り付けもとても美しくて、これは参ったなあ! と思うのです。
美味しいデミタスが飲めて、ご飯も美味しい。
贅沢なお店でした。


すっかり満足してお店を出ました。
ご馳走様でした、ありがとうございました!。

Categorieカフェ・リズム(南柏)   Event: - - editTOP

2019’01.27・Sun

かうひい堂 〜姿の違うアルディム〜

1月のかうひい堂に行って来ました。
仕事の後に行ったので、着いたのは遅い時間でした。
ケーキはもう無くなっていて、唯一残っていた「ちごもち」というお餅を食べました。
メニューを眺めるとコーヒーがいろいろあるのだけど、やはりついついイエメンを頼んでしまいます。


一杯目、イエメン・アルディム
20190127_01.jpg


これまで飲んだのとは違う、柔らかい味わい。
一口目で酸がサッと来た後、甘味と旨味に取って代わりました。
とても穏やかな味わいでした。
今までの「オーボエの酸」も捨てがたいけど、この穏やかな味わいもまた美味しいです。
どっちが良いとは・・・うーん!、選びがたい!。
内田さんが、焙煎機が変わったとお話しされていました。
酸の佇まいに、それが現れているのかな。


二杯目、イエメン・ムニールモカオールド
20190127_02.jpg



一口目でオールドの香りがサッと現れたあと、コクと旨味が現れます。
しっかりした味わいで、香りを厚く感じました。
アルディムより、どっしりとした感じがします。
イエメンはどこか味わいに思慮深さがあって、そこが大変気に入っています。


先日訪れた盛岡で、抽出時の粉の表面に春の畑を思った話をし、そのまま抽出の話になりました。
お湯の一滴一垂らしの、なんと難しい事なのか。
マキさんの抽出は関さんとはまたやり方が違うのだけれど、やはり香りと味わいをお湯に掴んでいて、すごいなあと思うのでした。
達人はすごい!!。


この日は、自分が最後の客になってしまった。
帰り際、なんと看板猫のちろ子ちゃんに触れる事ができました!。
ちろ子ちゃんは怖がりな猫さんなので、今まで中々近寄らせてもらえなかったのですが・・・。
この日は初めて手の匂いを嗅いでもらえました。
猫にくんくんされるときの感触は、いつ嗅がれても良いものだなあ。


とても美味しくて楽しい時間を過ごしました。
ありがとうございました!、美味しかったです。

(2019年3月5日、記)

Categorieかうひい堂(恵比寿)   Event: - - editTOP

2019’01.20・Sun

珈琲旅・盛岡1 〜カクヤコーヒースタンド〜

今日は盛岡へ旅立つ日。
始まりの町は西船橋でした。


カクヤコーヒースタンド。
20190120.jpg



今夜乗る深夜バスは東京の数寄屋橋を22時40分に出発します。
時間に余裕が持てているので、久しぶりにカクヤさんのところへ寄って行くことにしました。


一杯目に、カクヤさんが「深煎りの何か」を出してくれました。
ほんのり甘く、苦味はうっすら。
からりとしていて、ほわっと丸い味わい。
良いコーヒーだなあ。


二杯目、グアテマラ アンティグア ピーベリー浅煎り。
かくやさんのお話だとイケイケに浅いとの事でしたが、酸はとても丸くて「わー酸っぱい!」という感じは全然しませんでした。
からりとしているけど、とても丸い。やはりホンワーとした印象。
味わいの厚みが増して飲みごたえが増している印象でした。
前に飲んだのは2年位前だったかもしれないけど、グンと美味しくなっているなあと思いました。


その後、立ち食い蕎麦で軽く食べて・・・


数寄屋橋のバス乗り場へ行きました。
いつもはここで関さん達を見送るのですが、今回は自分たちが乗り込む番。
バスが出発して、程なく車内が暗くなり・・・
エンジン音が低く唸る中、眠りにつきました。
起きたら盛岡かなあ。


マスターイトーの1日はこちら

Categorieカクヤコーヒースタンド(西船橋)   Event2019_01月-珈琲旅・盛岡   - - editTOP

2019’01.19・Sat

喫茶いずみ 〜フルタ ド メルソ 深煎り〜

ブラジル祭りだから、今日もブラジル。
フルタ ド メルソ 深煎り。
20190119.jpg


深いけども、酸と甘味が表層をスッと流れる印象。
底の方をコクが支えている。
深煎りながらも軽やかさがあり、ああブラジル飲んでるんだなと思う。

明日は東北へ旅に出る。
しっかりと盛岡のコーヒーを楽しんで来たいな!。

Categorie喫茶いずみ(船橋)   Event: - - editTOP

2019’01.18・Fri

喫茶いずみ 〜ジアマンチーマ ヨシマツ 深煎り〜

20190118.jpg


深さの中の香りが、まるでイエメンの佇まいのように思いました。
深煎りの苦味の中にある透明感に、小さな泉を想像する。
表面に綺麗な水がたたえられていて、ほんの数センチ水深を得た辺りから味が始まる印象。
数センチの苦味の水を通り抜けた後で入れ替わるように甘味の層が始まり、甘味で味が閉じて行く。
飲み込んだ後の、口内に残る味の余韻が美味しい。

ブラジルらしからぬ香りと、舌の上で感じるブラジル。
なんだか不思議な感じ。
見守るパンダも、「不思議なものよのう」と言ってるように思える(笑)。

Categorie喫茶いずみ(船橋)   Event: - - editTOP

2019’01.15・Tue

珈琲旅・青蛾 〜イエメン マタリ〜

港区のお店を出た後、東中野の青蛾に向かいました。
20190115.jpg



イエメンのマタリは酸味のコーヒーの括りにありましたが、しっかりとコクがあり酸味も柔らかに感じました。
ぎゅーっと酸っぱい感じは全然しません。とても飲みやすくて美味しい。
そして穏やかなくぐもり感のある香りがします。
あー、やっぱり美味しいな。


くぐもり感のあるコーヒーといえば、あとマンデリンが思いつくのですが、イエメンの香りには乾いた感じを覚えるのに対し、マンデリンではジャングルを連想します。この違いはどこから来るのか、やっぱり降雨量の差なんでしょうか。
そんな話を夫に聞いてもらったのでした。
内田さんと夫が、メリタのアロマフィルターって何気にすごい優秀だよねという話をしています。
なんでも色々使い倒してみないと、本当の実力は見えてこないのかもしれない。
この日はランブルと飄々も訪れようとしたのですが、どちらのお店も火曜日休みだったのでした。
いつも月曜日にうろうろしているから、すっかり月曜日な気持ちになっちゃってたんだなあ。


とても美味しかったです。
ご馳走様でした。


マスターイトーの1日はこちら

Categorie茶房 青蛾(東中野)   Event: - - editTOP

2019’01.15・Tue

珈琲旅・彼の方のお店 〜イブラハムモカ〜

年が明けて、ご挨拶も兼ねて彼の方のお店を訪れました。
随分久しぶりになってしまった。
年末に来ようと思っていたのに、結局来られないまま年が明けてしまった。
前回はいつかと日記を辿ってみたら、なんと去年の7月ではないですか!。
そんなにご無沙汰になってしまったのかああああああ。
あのとき我が伊藤家は洗濯機が壊れてプチ・ピンチだったんだっけ。
今年はもっと飲みに来られるようにしたいなあ。


お久し振りにお会いした店主さんはお元気そうでした。
まずは年始のご挨拶。
それから、豆を選びました。
カウンターにムニールモカとイブラハムモカが両方あって、イエメン大好きの私は「ありゃりゃどうしよう!」と思っていたのですが、夫がムニールモカを頼んだので、私はそのままイブラハムモカの方をお願いしました。
席に行ったら、お店のテーブルと椅子が一部新しくなってました。


出て来たイブラハムモカは深煎りで、苦味とコクがビシっとあるのですが、甘味が主体になっていて香り豊か。
苦味が柔らかくなって甘みが強くなっている印象を持ちました。
香りがとても良く、土のような薬草のような、イエメンだなあという香り。
こちらでいただくコーヒーは、どの豆もいつも香りを豊かに感じます。
そこがとてもとても美味しい!。
何でしょうね、こう舌の上で味わってる味の上に香りが乗っかって来ると、相乗効果でブワーッと美味しさが増するように思うんですよね。これこれ、これがないとー。
冷めたらより甘味がくっきりとしました。
関西で食べたたこ焼きがとても美味しかったという話から、関西と関東の味作りの違いの話になり、それを武家文化と商人文化という側面から紐解いたお話がとても面白かったです。


今日もとても美味しかったです。
ご馳走様でした!。

Categorie彼の方のお店(港区)   Event: - - editTOP

2019’01.11・Fri

喫茶いずみ 〜ブラジルカーニバル・ジアマンチーマヨシマツ〜

仕事帰りにいずみへ寄ったら、カウンターの上がカーニバルになっていた。

20190111_01.jpg


お!、いよいよ始まったのね。
兼ねてから夫より、「今年はまずブラジル祭りをやるんだぜぇー」と聞いていました。
「いつから始めるの?」と聞いたら、
「習字がうまくできたら」との事。
習字って、これのことだったのねえ。


わたくしが思うに、恐らくこの丸を四角で囲ったこの部分は
20190111_02.jpg


きっとブラジルの国旗なんだと思う。



さて、張り切って飲んでいきますよ!。
ブラジルカーニバル、一杯目はこれにしました。


ブラジル ジアマンチーマ ヨシマツ・中煎り
20190111_03.jpg



甘苦い中にしっかりと酸がありますが、口中で主役を務めるのは甘味の方でした。
甘さや苦さをモゴモゴ探している最中に、間に香りが入って来ます。
とても良い香りでしたが、何と例えたらいいのか思いつきません。
今までブラジルでイメージしたことのない香りに思いました。
予想外の方向から球が飛んで来たなあという感じがします。


香りの質感は大変滑らかで、クリーム色の布地のように思いました。
香りはイメージは、滑らかさから次第に芳醇でリッチな方へと移り変わりました。
あまり香料を使わずに焼いたバターたっぷりな焼き菓子の、甘さとリッチな部分を思い出します。


ああ、これはバターたっぷりのサブレが食べたくなる。
目の前のヨークマートの中にオーボンビュータンがあれば良かったのに。


ちびちび飲み進めるに従い、ますますバターサブレが欲しくなる。
香りがそうだからサブレを連想するのか、サブレが食べたかったから香りにそれを感じるのか。
そこは謎のまま終わったのだった。


時間が経ってしっかり冷めたら、カップのイメージはドライフルーツを乗せたクッキーへと移り変わっていました。
辛抱堪らなくなった私は、帰り道のお買い物でバタークッキーを買って帰り、晩御飯を作りながらもりもりと食べたのでした。


とても美味しかったです。ご馳走様でした!。
その内登場するらしい深煎りの方も楽しみにしてます。

Categorie喫茶いずみ(船橋)   Event: - - editTOP

2019’01.09・Wed

喫茶いずみ 〜ケニア キリニャガAB〜

仕事帰りにいずみに寄ったら、豆の棚に見たことないキリニャガという瓶があった。
いずみのケニアは、いつもはAAマサイ。
珍しいと思ったから飲んでみました。

20190109_01.jpg




「酸っぱいかもなあ」

と言って出されたそれは、思ったより全然酸っぱくなかった。
煎りたてはもっと酸がイケイケだったんだそうです。
丸い酸と甘味で寄せてくる味で、冷めてからの戻り香に、アフリカだなあという気配を感じました。

1日の終わりにデミタスをちびちびやる時間が至福の時でございます。
今日も美味しいコーヒーありがとう!。

Categorie喫茶いずみ(船橋)   Event: - - editTOP

 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。