FC2ブログ
  • « 2019·02
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  •  »
2018’06.06・Wed

コーヒー・キャラウェイ

トラムを出た後、バスで祐天寺を目指しました。
目指すお店は、コーヒー・キャラウェイ。
ずっと訪問したいと思っていたお店の一つです。やっと伺う事が出来ました。

2018年6月6日、雨のコーヒー・キャラウェイ


お店に入る直前、ちょうど別の女性がお店に入っていくのが見えました。
店主の芦川さんでした。
タイミングが合わなかったら、行き違いになっていたかもしれません。
今日は雨だけど幸運に恵まれした。きっと恵みの雨なんだなあ。

キャラウェイはとても綺麗なお店で、そこかしこに女性ならではの感性を感じます。
男の人は絶対作らないだろうなあ。
普段行くお店が男性の硬派なお店ばかりなので、久しぶりのこの感覚に素晴らしい新鮮さを感じました。

アプレミディという、中深煎りのブレンドをお願いしました。
ほろ苦くて甘い、明るく優しい中に一本筋の通った骨太な部分も感じさせる味わいです。
明るい午後を思わせます。
トラムでとっぷり夜に浸かった後、キャラウェイのコーヒーで昼に戻って来る。
ちょっとした時間旅行をした思いです。

コーヒーの話をぽつぽつとしてましたら、ここでも何故か「焙煎してみるとコーヒーの事がもっと分かるようになりますよ」というフレーズに出会ったのでした。
気持ちがそっちに向くと、そういう言葉によく出会うものなんでしょうかね。
不思議なものですね。

この本なんか面白いですよ、と言って読ませていただいた本は手網の本でした。
全体的にとても丁寧に書かれている本で、とても楽しく読み進められます。
一番よかったのは、焙煎行程の音の描写でした。丁寧すぎて、思わずプッとなります。

キャラウェイで読ませていただけた焙煎の本


ざっと読み終わる頃、カップのコーヒーはすっかり冷めていました。
冷めたコーヒーはより甘く丸くなっていて、穏やかな時間の幸せを語りかけてくるようでした。

とても美味しかったです。
ご馳走様でした!。

Categorieコーヒー・キャラウェイ(祐天寺)   Event: - - editTOP

 |TOP