FC2ブログ
  • « 2019·09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  »
2019’02.26・Tue

珈琲旅・九州2 〜蘭館〜

翌朝は早めに宿を発ちました。
早朝の太宰府天満宮を満喫しようと思っていました。
お宿はちょっとした山の上にあり、散歩も兼ねて麓まで歩いて行きました。


風がそよぐ度に、梅の香りを覚えます。
「風薫る」とは良く言ったものです。
そして、この時になってようやく、今がちょうど梅の季節だった事に思い至ったのでした。


朝早いから、きっと人も少なくて静寂を楽しめるだろうと思っていたのですが・・・、
そんなことはありませんでした。
振り返れば後方に、迫る群衆を捉えたのでございます。
遠いけれども声はひときわ高く、先頭の一人は旗を掲ているではありませんか。
ああ、あれを観光団体と呼ばずになんと呼ぼうか。
こんな早くから行動しているだなんて!。


後方のざわめきとは打って変わって、前方の朝の神社の空気は清々しく静か。
20190225_ran01.jpg



前方と後方のギャップが激しすぎる!。
迫る一団に飲み込まれないよう、距離を取りながら先に進みました。
ゆっくりじっくりとは行かないものの、満開の梅を満喫します。


なんて見事な梅の花。
20190225_ran02.jpg


20190225_ran03.jpg


20190225_ran04.jpg


有名な飛梅の開花はこれからのようでした。
20190225_ran05.jpg


鳥居の側のお店で食べた、焼きたての梅ヶ枝餅がとても美味しかったです。
蘭館の開店時間が来たので、移動しました。


自家焙煎珈琲 蘭館。
20190225_ran06.jpg



お店に着いたら、店主の田原さんが水撒きをされてました。


コーヒーは、バニーマタルをお願いしました。
4年前、わたしはここ蘭館で、はじめて「バニーマタル」という名前を覚えました。
懐かしいです。
提供されてきた、バニーマタル。
20190225_ran07.jpg
小さいポットの置物がかわいい。


味わいはとてもカラリとしていました。
口の味わいから入り、追って香りがやって来て、飲み込むくらいにもう一度喉から香りが戻って来て美味しいです。
軽めに入っているものの(といっても、デミタスに慣れきった自分にとっての軽めなので、一般的な濃さなのかもしれない)、味わいはしっかりとしていて、濃いめが好きな人も満足しそう。
冷めると甘味とイエメンの香りが際立って残りました。


夫とマスターの田原さんが、焙煎機の話をしています。
焙煎機を見せてもらえることになり、夫は嬉々として焙煎室に入って行きました。
帰って来るまでの間、私はカウンターでノンビリ。
焙煎室からは楽しそうな声が聞こえてきます。
焙煎機見せてもらえて良かったねえ。
本当にありがとうございました!。


ゆっくりコーヒーを楽しんで、お店を後にしました。



この後は、九州国立博物館に行って醍醐寺展を観ました。
東京でも見た事あったのですが、たまたまこの時九州に展示が移動してきておりました。
九州での展示は、真言密教とはどんな教えを説いているのかについて、より分かりやすく解説されているように思えました。
東京での展示のときは、昔からの儀式や資料がどれだけ正確に伝えられているのかという部分が強く印象に残る感じでした。
展示に関わる学芸員さんの伝えたい部分というのが、展示にも現れてくるのかなあと感じました。
如意輪観音像は相変わらず優しげで穏やかで良かったです。



博物館を出て、太宰府から離れる事になりました。
道すがら、夫は一軒のお土産屋へ吸い込まれていきました。


帰って来た夫の手には、一振りの刀。


名刀、太宰府・・・(後日、自宅にて撮影)
20190225_ran08.jpg



「・・・あっちの忍者セットじゃなくて良いの?」
「いいんだ。これこそがいいんだ・・・!」
夫の強い意志を感じたので、私はこれ以上忍者セットを勧めることはしませんでした。
そして、この刀がやがて思わぬ波紋を招く事になろうとは、この時誰も想像しなかったのでございます。



(2019年5月14日、記)

Categorie自家焙煎珈琲 蘭館   Event2019_02月-珈琲旅・九州   - - editTOP

2019’02.25・Mon

珈琲旅・九州1 〜蛭子町珈琲店〜

九州へ行って参りました。
前回行ったのはいつだっけと振り返ったら、なんと4年も前でした。
あらまあ!、そんなに経ってたなんて。
時間が経つのは早いのねえ。


出発の日は、朝4時に起床。
今回は船橋駅から羽田直通のバスに乗りました。
乗り換えがないから、本当楽々です。
こんなに便利なものがあったんですね!。


ついたら、ドトールで朝食をとりました。
ジャーマンドックに力を入れてるタイプのドトールだそうで、少し手の込んだジャーマンドックが食べられます。
私はエッグ乗せを頼んだのですが、これがもう本当に美味しいのなんの。
ちゃんと注文を受けてから卵を焼いてくれるので、ソーセージも卵も熱々ホカホカ。
大満足でお店を出て、搭乗口へ向かいました。


朝の羽田空港。
20190225_01.jpg



今回はANAに乗ったので、ドリンクがサービスしてもらえました。
窓から見る地形が面白くて、飛行機乗っている間はずっと地上を見てしまいます。
着陸時は飛行機の羽に大注目。
大きくなったり小さくなったり、飛行機の羽はいろいろ良く動くので面白いです。


九州に着いたら、今度は電車でトコトコ移動します。
途中で乗り換えて・・・


筑後吉井駅に到着!。
20190225_02.jpg



なんとなく、いすみ鉄道に乗った時のことを思い出しました。
筑後吉井駅からはテクテク歩きます。
白壁の古い建物が軒を連ねていて、なんとも良い風情です。
よく知らないで来てしまったけど、ここはきっと観光地なんでしょう。
そのせいか、月曜日休みのお店が多いようでした。


それにしてもお腹が空きました。
お昼が食べられそうなお店を道すがら物色してたら、なんだか気になるお寿司屋さんがあったので入ってみました。
いくつかの水槽に、メダカがたくさん泳いでいます。
そして、壁に貼ってあるポスター。


「当店は、二番目に美味しいお店です」


この気になるキャッチコピー。
では一番目は何なのか。
その答えは別のポスターに見つかりました。


「一番はお袋の味」


ガガーンと一発食らってしまった気持ちになります。
みなぎる昭和感。
これは参った。のっけから一本取られたなあ。


一本取られてる内に、握りランチが出て来ました。
なんとなんとの600円。
安過ぎる!!。
お値段安いのに、美味しい握り鮨でした。
お勘定の時に、これから蛭子町珈琲に行く話をしたら、お店のご夫婦は蛭子町珈琲の常連ですごく知り合いなのだと言う。
そして、何故か奥様から熱い握手を頂いたのでした。






そうしてたどり着いた蛭子町珈琲店。
20190225_03.jpg


夫は、店主の岩本さんとは既に知り合いだったそうです。
こちらの焙煎機は井上製作所製を導入していて、夫の焙煎機のいわば兄弟機にあたります。
同じ血統の機械を他の人が操った時、どんな味わいが出るのか。
それに触れるのが、今回の旅の目的の一つでした。


岩元さんに、ここに来る途中、近くの寿司屋でお昼を食べた話をしたら、そこはこの界隈でもディープスポットであるらしく、私は深く頷いたのでした。
そうですね、あそこはディープでした。


ブラジルを頼んだら、なんとジアマンチーマ・ヨシマツでした。
ヨシマツがこんなところにまで!。
繁田さんの笑顔が脳裏に浮かびます。


コーヒーを口に含んだら、ヨシマツらしい感じの香りがしました。
熱いうちは香りが、少し冷めたら甘味が盛り上がってきて、最後は再び香りに戻って来ました。
透明感のある、からりとした味わいです。
カラッとした感じに、夫の焙煎している豆と似た風情を覚えるので、兄弟焙煎機だとこうなるのかなと思いました。


岩元さんのご好意で、機械を触らせてもらえることになりました。
やはり個体差があるようで、「あれ! 思ったより早く温度が下がるぞ!」とか、「うご!、こうなるのかーーー」という夫の熱い独り言が聞こえてきます。
でも、夫はとても楽しそう。
触らせてもらえてよかったね!。岩元さん、本当にありがとうございます。


やがて出来て来た、焼きたてホヤホヤの夫焙煎のコーヒー豆。
それを、岩元さんが淹れてくださいました。
何となく、岩元さん流の抽出だとすごく軽く入る予感がしていたのですが、やはりすごく軽い味わいになってました。
でも、いつも飲んでる夫のコーヒーの風味がします。
やっぱり、コーヒーはそれを仕上げた人のコーヒーの味になるんですね。


岩元さんが持ってたネル枠がランブルのだと目敏く見つけた夫がコーフンしていました。
そして、岩元さんが京都で見つけたと言っていたザルが誠に具合が良さそうで、夫はすっかり気に入ったようでした。

移動の時間が来ていたので、お暇をしました。
美味しかったです、ありがとうございました!。






お店を出た後は、宿泊地である太宰府へ向かいます。
トコトコ電車を乗り継いで・・・
太宰府に着いたら、すっかり夕方になってました。
今日の夕飯はもつ鍋。
夫が事前に調べた、平島というもつ鍋屋さんへ向かいました。


ガラリと引き戸を開けると、明かりは点けども誰もいない・・・。
あれ、おかしいな。
ホームページでは営業日になっている。
入り口あたりでウロウロしてると、ご近所の方が「あかりが付いてたらやってますよ」と声をかけてくれます。
もう一度、引き戸を開いて玄関に入り、「ごめんくださーい・・・」と声をかけるも、帰って来るのは「シーーーン」という静寂ばかり。
仕方なく、玄関に腰掛けて待つことにしました。
ほぼ体育座りの姿勢で時を待つ、夫と私。


やがて、地元の人と思われるご一家がやってきて、玄関で腰掛ける私供とご対面になりました。
地元の人はさすがで、どしどしとお店に上がって行って奥に声をかけ、返事がないと分かるや今度は電話をかけていました。
やがて、お店の人が二階から降りてきてくれました。
「いやー、普段はこんな時間からお客さん来ないから、二階でテレビ見てたんだよ〜」
なんとも大らかでノンビリしています。


さて、お待ちかねのもつ鍋にありつきました。
20190225_04.jpg



いやはや、美味しかった!!。
太宰府の宿に着いたら、クタクタでした。
結構移動したなあ。
あったかいお風呂に浸かって、ぬくぬくと眠りにつきました。
(2019年3月14日、記)


マスターイトーの1日はこちら

Categorie蛭子町珈琲店   Event2019_02月-珈琲旅・九州   - - editTOP

 |TOP