FC2ブログ
  • « 2019·09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  »
2018’11.12・Mon

珈琲旅・カフェ スタイル コジロウ 〜甘い香りと凛々しい味〜

この日は朝に喫茶いずみの用事を済ませて、少しゆっくりお出かけしました。
お客さんが熱く勧めていた蔵前の洋食屋さんでお昼ご飯を食べて、散歩しながらコジロウさんへ向かいました。
今日は歩いたことない道を歩いてみよう!という事になり、駒形橋を歩いて行きました。
見た事ない街並みが新鮮です。


道の正面にスカイツリー。
20181112_1.jpg



そして、いつもと違う角度のウ○コビル。
20181112_2.jpg



この角度の黄金のアレは見応えがありました。


そこから更にテクテク歩いていったのですが、先ほどの黄金のアレが夫のソレを呼んだのか、夫はコジロウさんの目と鼻の先にあるコンビニのトイレに吸い込まれて行きました。
待つ間、私はすぐそばの不動産屋さんの間取り図を見て遊んでいたのですが、何となく視線を感じるので振り返ると、そこにはコーヒー友達のT君が立っていました。
まったく偶然だったそうです。
嬉しい偶然を喜び合っていると、お花を摘み終わった夫が戻って来ました。
思わぬ出会いに、夫も大喜び。
仲良く3人でコジロウさんへ向かったのでした。


カウンターに腰掛けて、私とT君はモカマタリのデミタスをお願いしました。


モカマタリ、デミタス。
いつもの小島さんの甘い香りがカップから豊かに香ります。
この香りが本当にご馳走で、上質のコーヒーシロップのような甘さを放っており、飲む前から期待が膨らみます。
香りが甘いから、さぞコーヒーも甘かろうと思って口に含むと、なんと液体の方は甘くない凛々しい味をしています。
深目に煎った苦味と旨味の複合体。
苦味は舌に刺さるような刺激的なところへ行かない絶妙な加減で納まっており、そのうえに何層もの旨味が幾重にも重なって複雑な味を醸し出していました。
味の厚みの重厚感と、味わいのグラデーションの緻密さ。
どれを取っても一級品としか言いようがない。
そうだった、そうだった、香りで期待した味を裏切って、意外な味覚が舌に乗る。
この意外性。
良い方に転んじゃう裏切り感。
いつも「やられましたー、参りましたーー」と思ってしまいます。
コーヒーの甘い部分は全部香りになってしまっているかのような印象です。
香りで甘く、味で凛々しい。
そんな印象をいつも感じます。


美味しいコーヒーに舌鼓を打ちながら、3人が初めて会った時もコーヒーのイベントだったよね、などの思い出話に花が咲きました。


今日も本当に美味しいコーヒーでした。
ご馳走様でした!。
20181112_3.jpg


マスターイトーの1日はこちら

Categorieカフェ スタイル コジロウ(本所吾妻橋)   Event: - - editTOP

2018’08.20・Mon

珈琲旅・カフェ スタイル コジロウ

この日は、初めにお台場の科学未来館へ行きました。
大きい建物の中に大きい地球儀があって、夏休みの子供たちでいっぱいでした。
体験コーナーではいろいろ体験してみかったのですが、大人の自分たちが子供たちを待たせて遊ぶのははばかられたのでやめました。大人の分別ですな!。

解説パネルの前では、説明員さんと楽しくお話しできました。
久しぶりに中央海嶺とかホットスポットという単語が飛び出して来て、とてもワクワクしました。ああ!、この感覚久しぶり・・・!!。
ハヤブサ2の話やiPS細胞の解説を聞いて、少しだけ賢くなりました。
カフェコーナーに地球もなかというアイスが売ってるとの事で買いに行ったのですが、30分待ちの行列になっていたのでスゴスゴと引き返して来ました。
バスに乗って、本所吾妻橋へ向かいました。





コジロウさんのところに着いた頃には、お腹がぺこぺこになっていました。
2018年8月20日のカフェスタイル コジロウ



今日はフィッシュ&チップスとガリトマト、それからナポリタンとぶどうのシャーベットもお願いしました。
フィッシュ&チップスとナポリタンは期待通りの美味しさ。初挑戦のガリトマトは生姜の辛味がピリリと効く中にトマトの甘さが乗ってさっぱり爽やか、夏の暑い日にとても良かったです。ぶどうのシャーベットは果肉がたくさん入っていて、しゃりしゃりした氷が溶けてくるとぶどうの瑞々しさが舌の上に現れてきます。上品な甘さに、冷たいジューシーさ。
うーん、相変わらず、何を食べても美味しい!。


お腹が落ち着いたところで、お待ちかねのコーヒーをお願いしました。
私はイエメンモカマタリにしました。


まず、香りがとても甘いです。
そして、味わいもとても甘いです。これがはっきりとした甘さで、まるでコーヒーの風味のついたシロップのように思えます。
こんなに甘いイエメンは飲んだことがありません。というより、ストレートのコーヒーでここまで甘さのあるものを飲んだことがないと思う。下町の人情のような優しい甘さ。うーん、これはすごい。
深めに焼かれたイエメンは、甘さのの他にもほろりとした苦さや旨味が折り重なっていて、味わいの層に厚みがあります。
しっかり骨太ながらも、ホッとする味わいのイエメンでした。
美味しかったです!。


それにしても・・・!!。
先日私はかうひい堂で、素晴らしく美しいイエメンを飲みました。
そしてこの日、わたしはコジロウさんで素晴らしく甘いイエメンを飲みました。
イエメンという豆の中に、一体どれだけの表情が隠されているというのか。
これはイエメンに限った事ではなく、すべてのコーヒー豆にとってそうなのでしょうが。
コーヒーの旅は尽きることがないのでしょうね。
楽しみはまだまだ続くのでしょう。


店内にはパイプを嗜むダンディな紳士が、満足そうにしていました。
ランブルにいらっしゃってた旦那衆って、あんな感じだったのかなあ。


今日も良いコーヒーをありがとうございました。
ご馳走様でした!。



マスターイトーの1日はこちら

Categorieカフェ スタイル コジロウ(本所吾妻橋)   Event: - - editTOP

2018’03.05・Mon

珈琲旅、本所吾妻橋・船橋  〜カフェ スタイル コジロウ編〜

今日は久しぶりにコジロウさんへ行きました。
ご飯も食べようと思っていたので、腹ペコで訪問。
先ずはナポリタンとフィッシュ&チップスを注文。
太麺のナポリタンはモチモチしてて味もしっかりしてて美味しいです。フィッシュ&チップスは、お魚がふっくらしてて、タルタルソースも余るくらいたっぷり添えられてます。油も新しいのか、嫌な重さが全くありません。ペロリと完食。
あー、美味しかったな。

食後にコーヒーを頂きました。
今日はドミニカをデミタスで。
飲む前に漂う香りには、良い予感しかしませんでした。
とにかく、もんのすごく良い香りで、コーヒーシロップの様な甘い甘い香りです。

変態と呼ばれても良い、ずっと嗅いでいたい。

飲んだ味わいも素晴らしいです。
芯まで焼き切った軽やかな酸と、うっすらと漂う苦味の間を、穏やかな甘味が取り持っています。
全体が一つに調和して、穏やかな佇まいです。
飲み込んだ後の、口中に広がる香りも素晴らしいです。ふわーっとオールドっぽい香りが広がるというか。
小島さんはオールドって仰ってなかったけど……。
来るたびに、どんどんコーヒーが美味しくなってると思います。
すごいなあ。

今日は特に、香りがすごかったなあと思いました。
以前は、香りに甘味が乗るときは味の方はキリリとしててシャープだった印象なのですが、今日のは香りにより甘味が増した上に味の方にも甘味が乗ってる、そんな味わいでした。
良いものを飲んでしまった!。

久しぶりにコジロウプリンも食べて、ランブルカップ三連星を写真に収めました。

2018年03月05日のコジロウさん

すごく美味しかったです。
ご馳走さまでした〜(´∀`)


この日のマスターイトーの一日はこちら

Categorieカフェ スタイル コジロウ(本所吾妻橋)   Event: - - editTOP

 |TOP