FC2ブログ
--’--.--・--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Categorieスポンサー広告   Event: - - editTOP

2018’05.29・Tue

伊藤農園・・・

マスターイトーがブログの本文で時々書いてる「伊藤農園」。
一瞬、「え、そんな農園近くにあったっけ」と思ったのですが・・・
どうやら、我が家のベランダのことを勝手にそう名づけていたようです。

我が家のベランダ・伊藤農園
伊藤農園・・・という名の伊藤家のベランダ。


大層なものは作っておらず、今植えているのはミニトマトとシソとバジルとローズマリーと唐辛子と小ネギです。
ベビーリーフも育てる予定でいます。
その他には、ミニバラとか山もみじもいます(こちらは食べられません)。

少しでも家計が楽になると良いなと思って始めてみたのですが、薬味類が欲しい時に欲しい分だけ、しかも新鮮なのが手に入るのは、予想以上に良いものでした。

マスターイトーが虫除けだと言って、焙煎損じのコーヒー豆を薄く抽出したのを時々撒いてくれています。
嘘か本当かは定かでありませんが、確かに昨年に比べてアブラムシの来る量が減っている気がします。
問題点はベランダがコーヒー臭くなることと(笑)、ベタベタしがちなのでマメに水掃除が必要な点でしょうか。
まあ、今の所農薬類は使わないで済んでいられています。


いつの間にかミニトマトの脇芽が巨大になっていたので、挿し木で増やしてみることにしました。
しばらく室内で水に挿して、根っこが出るのを待ちます。
ミニトマトの脇芽



私は切った断面から根っこが出て来るんだと思っていましたが、根っこは予想外のところから生えて来ました。
根っこは思わぬところから出て来た



今日は、土に植えてやることにしました。
マスターイトーから貰った豆の袋と麻ひもで、ざっくりと植木鉢を作りました。
コーヒー豆の麻袋と麻ひもで作った植木鉢



大きい植木鉢を買うという選択肢もあるのですが、出来ればあるもので何とかしたい。
多分大丈夫だと思うんだけど、これで上手く育ってくれれば良いなあ。
新しい根っこが土に馴染むと良いのですが。
元気に育ちますように



元気に大きく育ちますように!。
スポンサーサイト

Categorieコーヒーいろいろ   Event: - - editTOP

2018’05.27・Sun

トラム

かうひい堂を出た後、トラムに向かいました。

2018年05月27日のトラム



午後3時のトラムは大忙し。
カウンターの中では、古屋さん含む3人がキビキビと動いていました。

今日は、古屋さんがブログで「雨上がり」と謳っていた、エクアドル・ガラパゴス・サンクリストバルにしようと決めていたのですが、黒板から無くなっていました。
売り切れてしまったようです。
それならばと再び黒板を見て、「夜明け前」と書かれていたエチオピアモカ・イルガチェフェ・アリーシャをデミタスでお願いする事にしました。


熾火の酸。
しっかり深煎りの中にほのかに残る酸が、真っ暗な暗闇の中に小さく灯る赤い光を連想させます。夜の真っ暗な中にある炭火の熾火のよう・・・。
もし、これを空で例えるなら夜明け前かもしれません。一番夜が深いときに、東の空に僅かに感じる静かな太陽の気配。

美味いコーヒーは良いなあ。
うん!、とても美味しい。

・・・そう言えば以前、コーヒーを飲んで同じように熾火をイメージした事があったはずと思い出し、日記を探しました。2017年6月17日の日記 でした。
他のお店で飲んだ感想でしたが。この時飲んだのはエチオピア・レケンプティの深煎りで、手回し焙煎機で作られたものでした。
イルガチェフェとレケンプティという違いこそありましたが、同じ熾火を感じたのがエチオピアの豆でしかも手回しだったと言うところにロマンを感じました。


今日もとても美味しかったです。
ご馳走さまでした!。

Categorie珈琲トラム(恵比寿)   Event: - - editTOP

2018’05.27・Sun

かうひい堂

かうひい堂に行きました。
かうひい堂にはためく旗


からりとした良い天気でした。このくらいの気候が一番過ごしやすいなあ。


メニューには色々ありましたが、今日もイエメン!。
イエメンは、ブラ、マタリ、アルディムがありました。
一杯目はブラにしました。

2018年05月27日のイエメン・ブラ

イエメン・ブラ。
丸く柔らかなコーヒーでした。
酸と甘味の間に何か果実のような、感触を感じました。どの果実と思ってもピンと来なかったのですが、敢えて近いものを探すならさくらんぼが一番近かったかもしれません。
全体的に軽やかな方で、口の中で味わいが丸く球体のようにまとまった後、そのまま舌に染み込んでゆくようでした。
ご好意で頂いた食用ほおずきと、良く合うように思いました。
食用ほおずきは初めて食べました。トマトの親戚のような味で、美味しかったです。
ブラとも良く合っていました。
途中で、先日知り合いになったGSMさんが来店して、隣の席になりました。
コーヒー話をしながらコーヒーを飲むのはとても楽しいです。



二杯目はアルディムにしました。

2018年05月27日のイエメン・アルディム

くぐもったモカの香り。
固く密度の高い、旨味と苦味と酸の調和。
より芯にまとまる気品ある味わいで、ブラよりも凛々しさがあるように感じました。
口の中でどこにも浸み込まずに、味わいの影を残してそのまま消える佇まいでした。
ものすごく美味しい。
何となく選んだ、この瑠璃色のカップに良く合うコーヒーでした。
内田さんに注文した際、アルディムの方が強いから二杯目の方がいいかもと提案頂いてその通りにしたのですが、まさにドンピシャでした。ブラの方が優しい印象なので、アルディムの方を後にして正解でした。
今日のケーキは、さくらんぼのタルトでした。
さくらんぼの甘煮がとても瑞々しくて美味しかったです。



あんまり美味しかったので、アルディムを100g買って帰り、自分でデミタスを淹れて飲んでみました。
後日、自宅で淹れてみたアルディム
うーん、やっぱり美味しい!。
正直申し上げて、内田さんの抽出の方が何倍も美味しいけど、それでもやっぱり美味しいものは美味しいのです。
くーーーっ良い豆だなあ。


とても美味しかったです。
ご馳走様でした!。

(看板猫のちろ子ちゃんには、今回も会えませんでした。ちろ子ちゃーーーん)

Categorieかうひい堂(恵比寿)   Event: - - editTOP

2018’05.23・Wed

喫茶いずみ

メキシコ・アルトゥーラ。

2018年05月23日、メキシコ・アルトゥーラ

なんとなく目に留まった豆のビンの中から、一番中庸な仕上がりのものをお願いしたらメキシコでした。

初めてのカップで出してもらえました。
すっごく素敵なカップです。
形といい絵柄といい見れば見るほど綺麗で、しばらくコーヒーそっちのけでカップに見とれておりました。青色の中に淡い紫や薄紅色が差してあって、ずっと眺めていて飽きません。
いやはや、このカップならモカが良かったかも。ハラーとかイブラヒムモカとかの、少し落ち着いたやつ。
カップに豆を合わせるなんて事もあるんですねえ。

と、言いつつも、今日のメキシコはとても美味しかったです。
中庸と説明された通り、甘味を核にして酸と苦味が混じり合っています。若干酸が優勢だったかな。
味わいの中に燻製を連想させるような香りを僅かに覚えました。
マスターの中煎りで煙たい感じがかぶることは今までなかったと思うので、これはひょっとして豆の方の特徴なのかしらと思いました。
メキシコあまり飲んだことなかったから分からないな。また選んで飲んでみよう。

雨がしとしと降っています。
天気予報当たりましたねえ。

Categorie喫茶いずみ(船橋)   Event: - - editTOP

2018’05.21・Mon

珈琲旅、阿佐ヶ谷・銀座4 〜ランブル編〜

丸ノ内線の銀座駅で降りてから、てくてく歩いてランブルへ・・・行くと見せかけて宮越屋さんへ。
ここのチーズトーストが大変美味しいのだそうです。
二階のカウンターでは、店長さんの女性が大きなネルでコーヒーを落としてました。
一気に5リットルくらい入れてたような。迫力があります。

もう今日は朝からコーヒーを飲みっぱなしでしたので、ここではコーヒーは飲まずに赤ぶどうジュースにしました。
チーズトーストは塩コショウが効いててスパイシーで美味しかったです。
次来るときはコーヒーも飲みたいなあ。
お店を出たら、いよいよ今日の最後の目的地・ランブルへ向かいました。





ランブル。
2018年5月21日のランブル


こちらも久しぶりの訪問になってしまいました。
お店に着いたら、中西さんがドアのガラスを拭いていました。
外の往来が観光客でごった返していたので、混んでいるのではないかと心配していたのですが、この日のランブルは比較的ゆっくりしていて、カウンターに座ることができました。

今日は林さんと中西さんの二人でお店を回していました(帰り際には奥様も戻って来られてました)。
淡々とコーヒーを作り続ける店内。
コーヒーを楽しむ常連さん。
それだけの光景なのに、なんでか嬉しくなりました。

今日はグァテマラ・オレンジラベルをデミタスでお願いしました。
柔らかく甘い香りが漂ってきます。
とても綺麗な液体で、素晴らしく透んでいるけど、存在感に芯があり軽く感じません。
ほろりとした苦さは気配程度で、解けない甘みを旨味の層が取り囲んでいます。甘味と旨味の境目はシームレスで、仲良く溶け合いながらコーヒーの中で佇んでいました。
とても綺麗な液体を飲んでいるという気持ちになります。
ランブルはいつもそうだなあ。
澄んでいて綺麗なコーヒー。
あー、やっぱりすごいなあ。美味しいなあ。

一杯だけ飲んで、お店を後にしました。
これからも何度も来よう。
ありがとうございました。ご馳走様でした!。


お店を出たら、すっかり夕方でした。
この日も結構歩いていたので、カフェイン沢山入ってたんですが、帰りの電車では爆睡でした(笑)。


マスターイトーの1日はこちら

Categorieカフェ・ド・ランブル(銀座)   Event: - - editTOP

2018’05.21・Mon

珈琲旅、阿佐ヶ谷・銀座3 〜カフェ・ドゥ・ワゾー編〜

カフェ・ドゥ・ワゾー

2018年5月21日のカフェ・ドゥ・ワゾー


すごく久しぶりになってしまいました。
カウンターには常連さんが二人、おしゃべりを楽しんでいました。
自分たちはテーブル席に座りました。

コーヒーは、コスタリカにしました。
今日はコーヒーの量が多かったので、デミタスは止めて普通の濃さのにしました。

宗さんはキビキビしていて、お客様への受け答えも近過ぎず遠過ぎずでカッコイイです。
程なくして、コーヒーが運ばれて来ました。
透明感の中で、ほろ苦く甘い味わいが広がります。
立ち昇る香りが素晴らしいです。
あまり酸は感じなかったのですが、でもきっとあるんだろうなという気がしました。
苦甘の中にも爽やかさがあるというか・・・。
味が沈み込まずに、口内の中空で留まって喉に落ちる感じがしました。
「あー、こういうコーヒーが飲みたいのです!」という感じの王道を行く感じのコーヒーでした。
美味しかったなあ。また飲みに来よう。
ご馳走様でした!。


ワゾーを出た後は、銀座へ向かいます。
阿佐ヶ谷からは丸ノ内線で一本で行けるようなので、パール商店街を通り抜けて南阿佐ヶ谷駅を目指しました。




パール商店街。
2018年5月21日の阿佐ヶ谷パール商店街


アーケードは良いですね、雨の日も夏の暑い日も楽だし。
船橋にも少し前まで古いアーケードがありましたけど、無くなってしまいました。
メンテナンスが大変なんだろうなあ。

お腹が空いていたので、何か軽く食べようと話していたら目の前にコッペパン屋さんが現れました。

めくるめく、コッペパンの世界・・・。
魅惑のコッペパン屋さん


ステキー!。
コッペパンの具は、甘いものからご飯系のものまでバリエーション豊富です。
即決でお店に入りました。
カウンターには懐かしの揚げきな粉パンもあり、気分がアゲアゲになります。
マスターイトーはコンビーフポテトパン、私はコロッケパンをお願いしました。

アッツアツのコロッケパン。
揚げたてアツアツ コロッケパン


コッペパンはフカフカで、コロッケは揚げたてでアツアツです。
こんな美味しいパンが350円!。うわー、近所にあったら絶対通うなあ。
次に阿佐ヶ谷きたら、甘い系のパンも食べてみよう。

コッペパンを食べた後、マスターイトーは焼き鳥屋で買い食いしてました。
往来で食べる焼き鳥は美味しいのよねえ。
商店街の散策を楽しんで、電車に乗って銀座に向かいました。

Categorieカフェ・ドゥ・ワゾー(阿佐ヶ谷)   Event: - - editTOP

2018’05.21・Mon

珈琲旅、阿佐ヶ谷・銀座2 〜ブネイコーヒー編〜

電車でトコトコ移動して、阿佐ヶ谷に到着。
ブネイコーヒーを目指して歩いていきます。

地図によれば、ブネイコーヒーは、阿佐ヶ谷の北口にあるスターロードを通り抜けた先にあるようです。

2018年5月21日の阿佐ヶ谷スターロード

阿佐ヶ谷スターロードは個人店の飲み屋や食べ物屋が良い感じに軒を連ねていて、なんだか懐かしい感じのする通りでした。
南口のパール商店街といい、阿佐ヶ谷は味のある町並みがあってとても良いですねえ。

程なく、ブネイコーヒーに到着しました。

2018年5月21日のブネイコーヒー


ブネイコーヒーは、大きなガラス張りの窓があって、とても明るいお店でした。
カウンターの脇には、焙煎機のディスカバリーが置いてあります。
ディスカバリーは何となく蒸気機関車に似ているなあ、と、いつも思います。

メニューを見たら、イブラヒムモカがありましたのでお願いしました。
濃さは普通の濃さでした。

とても優しくて綺麗なコーヒーでした。
今まで飲んだイブラヒムモカの中で、一番優しい味わいに思います。
しっかり深めですが、ビシッと苦いところまでは行っておらず、透明感の中に甘味と僅かな酸味が途切れ目なく溶け合っていました。
味のまとまりが良く、優しく優しく味が染み込んでくるようでした。
冷めて来たときに、イブラヒムモカの香りが口内から鼻腔へ抜けて来ました。
今まで飲んで来たイブラヒムモカは、皆もう少し力強い味わいになっていたように思います。
女性ならではの感性なんでしょうか。ちょっとした違いが面白いです。

とても美味しかったです。
ご馳走さまでした。


ブネイコーヒーを出た後は、カフェ・ドゥ・ワゾーへ向かいました。


マスターイトーの1日はこちら

Categorieブネイコーヒー(阿佐ヶ谷)   Event: - - editTOP

2018’05.21・Mon

珈琲旅、阿佐ヶ谷・銀座1 〜スプラウト編〜

今日は久しぶりに阿佐ヶ谷へ行く事にしました。
いざ、阿佐ヶ谷へ・・・出掛ける前に。

開店してそろそろ一ヶ月を迎えます船橋のコーヒースタンド、スプラウトへ遊びに行きました。

2018年5月21日のスプラウト


前回遊びに来たのは、焙煎の宴の時でした。
あれからもう一ヶ月経っちゃうんですね。早いなあ。
ここは二人のお兄さんが切り盛りしているお店なのですが、お二人ともとても気持ちの良い人達で話してるとホッとします。

エスプレッソを味わわせていただきました。

エスプレッソたくさん


キリッとして飲みやすいと思いました。
酸がシャープに入ってくるので、スッキリと目が覚めます。
エスプレッソは普段あまり飲まないので、たまに飲むと楽しいです。
ご馳走様でした。
ありがとうございました!。

さて、朝のご挨拶の後は本格的に移動です。
そのまま総武線に乗って、西を目指しました。


マスターイトーの1日はこちら

Categorieスプラウト・コーヒースタンド(船橋)   Event: - - editTOP

2018’05.14・Mon

珈琲旅、市川 〜飄々〜

先週がハードな旅でしたので、今週の月曜日は市川の飄々でゆっくりと過ごす事にしました。


市川といえば・・・
最近、新しい道の駅がオープンしたという話でしたので、ついでに覗いてみることにしました。
コーヒー友達のTさんの職場のすぐ側にあるという道の駅。
我が家のポストにも、オープンのお知らせチラシが入っていました。
物産コーナーを見て回って、カフェコーナーへ行きました。
お腹空いたから何か食べたいなと思いまして、メニューを見ましたところ


・普通のクロワッサン
・クロワッサンサンド
・クロワッサンサンド
・クロワッサンサンド
・クロワッサン ソフトクリーム

以上


・・・猛烈なクロワッサン押し!!。
他の選択肢が一切無いという潔さ。
とにかくクロワッサンで何とかするという、強力な意思を感じます。


そして、クロワッサンソフトクリーム。
クロワッサンソフト・・・!


クロワッサンをズバッと半分に切った平らな断面の上に、そのままソフトクリームを乗せるという大胆さ。
いわゆる基礎工に相当する部分がないから、ソフトクリームがスライドして落ちそうになるのですが、そこは周りを紙で巻いて保護する事によってクリアされていました。
何となく、クロワッサン生地でワッフルコーンみたいなものが作ってあるのかなと想像していたのですが違いました。
あくまで純正クロワッサンでした。

とにかくクロワッサンで勝負。
最後までクロワッサンで何とかする。
なぜそこまでクロワッサンなのか。
きっと何かがあるのでしょう!。
そんな意思を、ソフトクリームからも感じました。

ご馳走様でした。




道の駅を出た後は、そのまま市川の飄々へ行きました。

2018年5月14日の飄々


カウンターには優しく微笑む斎藤さん。
癒される!!!。

クロワッサンサンドだけでは少し足りなかったので、チーズトーストをお願いして頬張りました。コーヒーはニカラグアをお願いしました。

ニカラグア・デミタス。
苦味で入るものの苦味はすぐ消えて、こっくりとした甘味と僅かな酸味が現れました。液体が口中の半分くらいを通り過ぎる辺りで味がスッと消え、喉の奥までは残らずに終わります。
苦甘ながらスッと消える味わい。
冷めると苦味の気配は更に薄くなりました。
優しい味です。美味しい!。

大坊さんの対談が載ってるリーフレットを見せていただいて、いろいろお話を聞いてもらいました。
ゆっくり寛いで、お店を後にしました。
ご馳走様でした!。

この日は本当にゆっくりしました。
たまにはこんな1日もいいですねえ。


マスターイトーの1日はこちら

Categorie珈琲 飄々(市川)   Event: - - editTOP

2018’05.13・Sun

喫茶いずみ

ラダーコーヒーの後で、いずみにも寄りました。

エチオピア、ゲシャ・ゲイシャ、手網焙煎。
2018/05/13 喫茶いずみ エチオピア・ゲシャ・ゲイシャ手網焙煎


滋味の深い甘味が丸く、穏やかな酸がその上に被さっています。味わいは舌の前半分の辺りで感じ、舌の真ん中から奥の辺りでフワーッと消えてしまいます。甘くてすぐ消えて行く味わいでした。
味わいの基本的な構成は機械焙煎と同じだけれども、機械焙煎版の方が若干酸味よりに感じました。「スッと消える味わい」という所が共通してましたが、これがこの豆の持ち味なんでしょうかねえ。
美味しかったなあ。
オールドになったゲイシャに再会するのが楽しみです。

ご馳走様でした!。

Categorie喫茶いずみ(船橋)   Event: - - editTOP

 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。