FC2ブログ
  • « 2018·08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
2018’08.27・Mon

珈琲旅・井上製作所訪問

井上製作所へ行ってきました。


夫が使っている焙煎機やコーヒーミルは井上製作所製。
最近、新しい焙煎機が開発されたそうで、それを見させてもらえる事になりました。


レンタカーを借りて、早朝に出発。
慣れない首都高は緊張の連続でした。まさに都会の迷路!。
道が混んでノロノロ運転でしたが、これが却って良かったです。車線変更のときに考えるゆとりがあったからです。通常の速さでビュンビュン走ってたら、全然違う方向へ走っちゃってたかもしれないなあ。


首都高を抜けたら中央道をひたすら西へ向かいます。
目的地は長野県茅野市。
大きい建物がだんだん少なくなり、平野が終わってだんだん地形が山がちになり、大きな木が増えて来ました。
空は青空。
絶好のお出かけ日和です。


途中、談合坂パーキングエリアで休憩し、ここで朝食を取りました。
名物のほうとう。
2018年8月27日 談合坂サービスエリアのほうとう



ここのほうとうはキムチ味でした。
てっきりカボチャ味噌味で出てくると思っていたので驚きましたが、とても美味しかったです。


休憩が終わったら再び西進。
遠くに、南アルプスと八ヶ岳が見えて来ました。
青空の下で、甲斐駒ヶ岳や赤岳のピークがくっきりと見えます。
今日山に登ってる人は、きっと絶景を拝めているでしょう。


青空の八ヶ岳。稜線が美しい。
2018年8月27日 朝の八ヶ岳



首都高のノロノロ運転が尾を引いていて、かなり時間がおせおせになっていました。
約束の時間ぎりぎりに井上製作所に到着。
車を降りると、工場の前にはきれいなソバ畑が広がっていました。
「あれは社長が育ててるんだよ」と夫が言いました。
遠くに八ヶ岳が見えました。美しいところでした。


早速、お話が始まりました。
「どんな風に焙煎してるんだい?」
と、井上社長。
夫がこんな風にと説明しただけで、社長は
「なるほど、こんな風な味にしたいわけだ」
と、仰ったのですが、これが正にその通りで、夫のコーヒーの味の核心をサラッと言い当てていたものですから、私はびっくりしました。
「すごい人に会ってしまった!!」
そう思いました。


しばらく珈琲談義をして、それから新しく開発された焙煎機を触らせてもらう事になりました。
嬉々として焙煎する夫。
アドバイスする井上社長。
焙煎した豆は早速試飲。
頭の中でいろいろスパークしている様子の夫。
ニヤニヤとそれを眺める井上社長。


井上社長はほんとに本物の技術の人でした。
社長の中にはあらゆる技術が積み重なっていて、且つ、コーヒーそのものの理解も同様に備わっているように感じられました。どちらか片方だけではないというところが、井上社長の凄まじいところだと思いました。
少し物理を勉強しただけではアインシュタイン博士と会話してもポカンとしてしまうだろう事と同じで、生半可な珈琲理解だけでは井上社長の言いたいことの半分も理解できないんだろうなあ、と、そんな感じがしました。


夫は4回焙煎させてもらえて、そこでいろいろヒントを得られたようでした。
夫の目がきらきらしていました。
私は、「良かったねえ」と思いました。


3時半ごろ、社長の所をお暇して帰途に着きました。
この日は局所的にゲリラ豪雨があったようなのですが、運良く雨を避けて帰ることができました。
行きも帰りも片道4時間半、合計9時間も運転して、夫はクタクタだったはずなのですが、その日の夜は興奮して良く眠れなかったようでした。


翌日、長野で得られたヒントを元に焙煎したイブラヒムモカは、甘みがふわーっと開いていて、今までなかった味わいが芽吹きを迎えたように思えました。
確かな手応えを味わっている様子の夫を見て、私は再び「良かったねえ!」と思ったのでした。
井上社長、ありがとうございました!。


マスターイトーの1日はこちら

Categorieコーヒーいろいろ   Event: - - editTOP

2018’08.25・Sat

トラム 〜お別れのコーヒー〜

トラムが8月31日で閉店するので、コーヒーをいただきに行きました。
9月から下北沢で古屋さんの新しいお店がオープンするので、古屋さんの味はこれからも飲めるのですが、そこはそれ、これはこれで、恵比寿へ向かいました。


一杯目、ブラジル・アララ。農夫の休憩。

飯田さんの抽出。
苦さの中にほのかな甘さ。トラムならではのお酒の様な香りがあり、どこか長閑さを感じます。
大昔に遊びに行った、マザー牧場の芝生の斜面を思い出します。
穏やかな明るさは一体何処から感じたのか。結構深煎りだと思ったのですが・・・。


二杯目、イエメン・バニーイスマイリィ。異国慕情。
2018年8月25日 トラムのイエメン・バニーイスマイリィ 異国慕情


古屋さんの抽出。
前回飲んだイエメンとは、はっきりと違う味で驚きました。
薬の様な香りと、ビシリとした苦みと、一筋縄ではいかない味わい。これは鹹味なのでしょうか・・・???。私はまだ鹹味をしっかり捕まえられないので、自信を持ってそうと言えない部分があります。


飲んでると、どこか達観したような感覚が芽生えてきます。
人生の酸いも甘いも噛み分けてしまった出来事の事を懐かしく思い返しているかのような。
これまで重ねたいろんな間違いを思い出して「あああ〜〜」となるものの、あれが無ければ今の私は無かったのだから、あれはあれで良かったんだわと、ぐるっと思い巡らせて「ふう」となる感じと申しますか。
・・・説明が長いですね。
こんな感覚で改めて「慕情」という言葉を眺めると、大昔にNHKで放映されてた「柳橋慕情」という時代劇人情ドラマを思い出しました。主人公のおせんちゃんの切なさと言ったら。ああ、おせんちゃん。


そんな話(おせんちゃん以外の部分)をカウンターでしましたら、古屋さんは、まだ行った事ない国に思いを馳せているかのような、写真をめくって眺めているかのような、揚々とした感じのお話しをされてました。
慕情にも、いろいろあるんですね。
とても美味しい一杯でした。


トラムで飲めるのは恐らく今日で最後なので、お店の方にお断りを入れて、記念にいくつか写真を撮らせていただきました。


カウンターの電灯と、いつも湯気を立てていたポット。
2018年8月25日 トラムの電灯とポット



撮った記憶が全然無いのに何時の間にか撮れていたトラムのカウンター(ブレている・・・)。
2018年8月25日 いつの間にか撮れていたトラムのカウンター・・・



お店の入り口。ダンディおじさん。
2018年8月25日 トラムのエントランス




最初、このお店に来た時、私はまるで建物がまどろんでいるようだと思いました。
後から、元々夜バーだったお店が、お昼だけ喫茶店になったのだと聞いて、「ああ、それで」と思ったものでした。
きっと、この建物は今まで、お昼の間に楽しい珈琲の夢を見ていたんだろうなあ。
来週末には昼のトラムは再び夢の無い眠りに戻り、夢の結晶は下北沢で新しい香りを開くのでしょう。
その香りを楽しみに思いながら、私は恵比寿を後にしました。
美味しい夢をありがとう。
ご馳走様でした、珈琲トラム。

Categorie珈琲トラム(恵比寿)   Event: - - editTOP

2018’08.20・Mon

珈琲旅・カフェ スタイル コジロウ

この日は、初めにお台場の科学未来館へ行きました。
大きい建物の中に大きい地球儀があって、夏休みの子供たちでいっぱいでした。
体験コーナーではいろいろ体験してみかったのですが、大人の自分たちが子供たちを待たせて遊ぶのははばかられたのでやめました。大人の分別ですな!。

解説パネルの前では、説明員さんと楽しくお話しできました。
久しぶりに中央海嶺とかホットスポットという単語が飛び出して来て、とてもワクワクしました。ああ!、この感覚久しぶり・・・!!。
ハヤブサ2の話やiPS細胞の解説を聞いて、少しだけ賢くなりました。
カフェコーナーに地球もなかというアイスが売ってるとの事で買いに行ったのですが、30分待ちの行列になっていたのでスゴスゴと引き返して来ました。
バスに乗って、本所吾妻橋へ向かいました。





コジロウさんのところに着いた頃には、お腹がぺこぺこになっていました。
2018年8月20日のカフェスタイル コジロウ



今日はフィッシュ&チップスとガリトマト、それからナポリタンとぶどうのシャーベットもお願いしました。
フィッシュ&チップスとナポリタンは期待通りの美味しさ。初挑戦のガリトマトは生姜の辛味がピリリと効く中にトマトの甘さが乗ってさっぱり爽やか、夏の暑い日にとても良かったです。ぶどうのシャーベットは果肉がたくさん入っていて、しゃりしゃりした氷が溶けてくるとぶどうの瑞々しさが舌の上に現れてきます。上品な甘さに、冷たいジューシーさ。
うーん、相変わらず、何を食べても美味しい!。


お腹が落ち着いたところで、お待ちかねのコーヒーをお願いしました。
私はイエメンモカマタリにしました。


まず、香りがとても甘いです。
そして、味わいもとても甘いです。これがはっきりとした甘さで、まるでコーヒーの風味のついたシロップのように思えます。
こんなに甘いイエメンは飲んだことがありません。というより、ストレートのコーヒーでここまで甘さのあるものを飲んだことがないと思う。下町の人情のような優しい甘さ。うーん、これはすごい。
深めに焼かれたイエメンは、甘さのの他にもほろりとした苦さや旨味が折り重なっていて、味わいの層に厚みがあります。
しっかり骨太ながらも、ホッとする味わいのイエメンでした。
美味しかったです!。


それにしても・・・!!。
先日私はかうひい堂で、素晴らしく美しいイエメンを飲みました。
そしてこの日、わたしはコジロウさんで素晴らしく甘いイエメンを飲みました。
イエメンという豆の中に、一体どれだけの表情が隠されているというのか。
これはイエメンに限った事ではなく、すべてのコーヒー豆にとってそうなのでしょうが。
コーヒーの旅は尽きることがないのでしょうね。
楽しみはまだまだ続くのでしょう。


店内にはパイプを嗜むダンディな紳士が、満足そうにしていました。
ランブルにいらっしゃってた旦那衆って、あんな感じだったのかなあ。


今日も良いコーヒーをありがとうございました。
ご馳走様でした!。



マスターイトーの1日はこちら

Categorieカフェ スタイル コジロウ(本所吾妻橋)   Event: - - editTOP

2018’08.13・Mon

珈琲旅・花泥棒 ヴォルール・ドゥ・フルールと指輪物語

アンセーニュダングルを出てから、次のお店へ向かいました。
花泥棒(ヴォルール・ドゥ・フルール)というお店で、夫がお世話になっている人の思い出が詰まったところなんだそうです。


お店へは、竹下通りを通り抜けて行く事にしました。
改めて街を見回してみると、やはり原宿は若い!。
行き交う女の子たちは皆んな綺麗にしてるし、「パスワードを大切にしよう」という看板すらも少女漫画してて、もう女の子の街!という感じがしてます。
2018年8月13日、原宿駅の看板。



そして竹下通り・・・。
2018年8月13日の竹下通り



凄すぎる!!。
地味な青春を送った私は若い頃に原宿で遊んだ記憶がなく、もうこの歳になると原宿で遊ぶより明治神宮でお散歩したいになってしまうのですが、そんな私が今日、竹下通りを通り抜けようとしています。
大冒険と言っても過言ではありますまい。


ぎゅうぎゅうの竹下通りにエイヤ!と飛び込むと、隣にいた女の子連れのお父さんが「俺はもう死にそうだー」と叫んでおられました。
お父さん・・・、生きて!!。
お父さんはお子さんにおねだりされて、連れて来てあげたのでしょう。優しいお父さんです。
女の子たちはとても元気で、炎天下の大混雑でも元気にお喋りして、クレープ食べてます。
クレープ食べちゃうのかーーー!。
私はもう人混みに生命力吸われてしまって、クレープ食べる元気なんか出てきません。
きっと、私の原宿デビューは30年遅かったのでしょう。


元気なギャルたちを眩しく眺めながら少し歩くと、再び町が静かになり、花泥棒に着きました。
2018年8月13日の花泥棒



マダムが申し訳なさそうに、今日はエアコンが壊れてしまっているから扇風機になってしまいますと仰いました。
全然構いませんと言って、席に着きました。
そういえば今年は喫茶いずみも、いずみの隣のカレー屋さんもエアコンが壊れてました。今年の猛暑はエアコンも壊すのかなあ。
席から窓を見やると、睡蓮鉢には二匹のカメ。
あーー・・・安らぐなあ。
やっぱり喫茶店はいいなあ。


コーヒーは、イエメンモカマタリを80ccでお願いしました。
先ほどのアンセーニュダングルとは打って変わって、サーっとした酸味で入って来ます。
爽やかな酸の中に、しずかな甘みが漂っている。そんな感覚でした。
夏の暑さの中、扇風機の風でいただく酸味のコーヒーは美味しかったです。
ゆっくり休んで、お店を出ました。
ご馳走様でした。






さて。


ここから先は珈琲とは関係ないのですが、この日は指輪を作りました。
指輪作りには職人の方が付いてて下さるので、安心して作業できます。


まずはそれぞれの指のサイズを測りまして
2018年8月13日指輪物語1、指輪のサイズとデザインを選択



プラチナの細い棒をバーナーで真っ赤にして、水に入れてジュッとしましたら
2018年8月13日指輪物語2、バーナーでゴー!



やっとこでザックリと輪っかにしまして
2018年8月13日指輪物語3、やっとこでザックリと整形



もう一度バーナーで真っ赤にしまして
(夫はこれを「ロードオブリングする」と言ってました)
2018年8月13日指輪物語4、再びバーナーでゴー!




鉄の棒に通して木槌で叩いて
(整形するのと、金属を鍛えるのと両方の意味があるそうです)
2018年8月13日指輪物語5、木槌で鍛える



磨いて完成!。
2018年8月13日指輪物語6、磨いて完成



最後は職人さんが文字を入れてくださいました。
2018年8月13日指輪物語7、内側に字を刻印しているところ



マスター、指輪ありがとう!!。とても嬉しいです。
私は本当に感激したんですよ。大事にします。


そんな次第で、お盆の珈琲旅は、指輪物語となって締めくくられたのでした。


マスターイトーの1日はこちら

Categorie花泥棒(原宿)   Event: - - editTOP

2018’08.13・Mon

珈琲旅・アンセーニュダングル

お盆です。
今日は早朝から、夫とお墓参りに行きました。
夫の実家の方のお墓は義母上がお手入れしていて綺麗だったのですが、私の実家の方のお墓は未着手だったので、植木が野放図に成長してぼうぼうになってました。ひえー!。
せっせせっせと綺麗に整え、お参りを済ませました。
日が高くなる前とはいえ、お墓は暑かったです。休憩所で配られていた麦茶をいただいて、少し涼んで帰りました。
夫の実家に寄ってお線香をあげて、それから出かけました。


今日の行き先は表参道。
せっかく表参道へ行くので、行こう行こうと思っていて全然行けてなかったお店へ行く事にしました。


アンセーニュダングル。
2018年8月13日のアンセーニュダングル


コーヒーとチーズケーキが美味しいのだそうです。
人でごった返す原宿駅前を通り過ぎてしばらく歩くと、ふいに人通りが途絶えました。
曲がり角の建物の階段を降りた先に、入り口のドアがありました。


駅前の喧騒が嘘のような空間。
古いけれども手入れの行き届いた落ち着いた店内で、低めの音量で流れるピアノとカウンターマンの作業の音以外は、しんとした静寂。そんな空間でした。


私はモカハラーをお願いしました。
それと、お昼ご飯としてクロックムッシュとチーズケーキも注文しました。


目の前でコーヒーの抽出が行われています。
径が小さめで底が深いネルに細いお湯をトーッと注ぎ、ネルをゆっくり回して蒸らしを進めて、さらにお湯を落としていました。


出て来たコーヒーは、深めの焙煎で香り豊か。
どこからどう飲んでもエチオピアとピンとくる、良い香りでした。
味わいは少しだけ苦味を感じさせる中に太い甘みがあるように思いました。
とても気持ちが落ち着く味わいでした。
クロックムッシュとチーズケーキを食べた後の口でコーヒーを飲むと、また違ったまろやかさが現れて、飲み物と食べ物の取り合わせも絶妙な加減でした。
とても美味しかったです。


コーヒーを楽しんでいる間、夫といつものお喋りもしていましたが、同時に喫茶店特有の「独り感」も味わいました。
誰かと一緒にいるのに、自分一人きりにもなっているような。
自分に立ち返る感覚とも言うかもしれません。
そんな感覚を強く感じました。
それで、ああそうだ、喫茶店とは自分に戻ってこられる舞台装置でもあるのかもしれないなあと、まあこれは色んな本で目にする一説ではあるのですが、それを改めて思い出したひと時でありました。


とても良い時間を過ごしました。
ご馳走様でした。


マスターイトーの1日はこちら

Categorieアンセーニュダングル(原宿)   Event: - - editTOP

2018’08.05・Sun

喫茶いずみ 〜謎のオールド珈琲〜

夕暮れ時にお店に行ったら、満員御礼。
近頃は、暑すぎる時間帯を避けて皆さん出てこられるそうです。
ですよねえ!。私も用事がない限りはお昼は外に出たくありませんもの。

カウンターを見ましたら、先週飲んだ青山一番はもうお終いになっていて、代わりに謎のオールドコーヒーというビンがありました。
2018年8月5日(日) 喫茶いずみ 謎のオールドコーヒー


少しずつ残ってしまった豆でオールドになったものをブレンドしたものだそうです。
2018年8月5日(日) 喫茶いずみ 謎のオールドコーヒー


飲んでみたら、確かにほんのりオールドの香りがします。
そして、味わいの核の部分は丸いです。甘味と旨味の複合体が丸く収まって、じわじわと染みてくる感じがしました。
この丸い核の上にオールド香という構成は、先日かうひい堂で飲んだムニールモカ’06の味わいの構成に近い感じがしました。ムニールモカの方は品格高く深い感動を誘ったのに対して、謎ブレンドの方は庶民的で脱力リラックスな感じ、といった印象でした。


オールドになると丸くなるのは人も豆も同じなのかなあ。
と、思ったところで、そういえばオールドになっても激しい人もいるなと思い、そういう豆もありそうだなと思い至ったところで改めて、


人も豆も一緒なのかぁーーーー


と思ったのでした。
美味しかったです、ご馳走様でした!。

Categorie喫茶いずみ(船橋)   Event: - - editTOP

 |TOP