FC2ブログ

珈琲旅・盛岡9 〜響〜

またまた更新に大変間が空いてしまった。
1月22日の日記ですが、この文章はなんと3月5日に書いている。
忙しくてブログを先送りにしている内に、どんどこ日々が過ぎて行ってしまった。
随分日が経ってしまったのですが、お店を出てすぐに書きつけているメモがあるので、何とかこうして文章が書けています。
不思議なことに味の思い出は、それが自分で書きつけたメモであれば、それを見れば時間が経ってもかなり鮮明に蘇って来るもののようで、この話を夫にしたら夫もそうだと言ってました。
不思議だなあと思います。


さて、珈琲とうつわのわたなべさんを出た後は、盛岡のUさんの車に乗せてもらって、「コーヒーの店 響」へ向かいました。
ここで異変が・・・。
めまいがしてグラグラ。
あらら、おかしいな。
自動車酔いではない感じです。
これが噂に聞くカフェイン酔い?。
短時間の間に、少しコーヒーを飲み過ぎました。
しかし、これは困った。これから響に行くのになあ。


カフェイン酔いが治らない内に、響についてしまった。
20190122_hibiki.jpg



この調子だと、きっと一口二口くらいしか飲めない。
熱田さんのコーヒーはどうしても飲んで帰りたい。
けど、絶対残しちゃう。
ああ、やんぬるかな!。
店主の熱田さんに事情を正直にお話して、コーヒーを飲ませていだたくことにしました。


この日はケニアをいただきました。
鮮やか!。
鮮やかな緑と赤のイメージ。
一雨来て晴れた後の、生き生きした赤い果実を思い浮かべます。
後味が長く、いつまでも舌に残ります。
濃厚で果実の持つ旨味のような、そう、果物ジュースの旨味部分のような、そんな味わいを舌で感じました。
鼻に抜けて来る香りは、コーヒーなんだけども何やら果物な感覚を覚えました。
普段、自分が飲み歩いているコーヒーとは全く別の視点で作られているコーヒー。
こういうケニアは飲んだことなかったなあ!。
いろいろなコーヒーがあるのだなあ。


しっかり一杯飲んで帰りたいと思ってたのですが、カフェインが回りすぎてしまって、もう飲めませんでした。
グラグラした目眩は益々ひどくなるばかり。
もう降参です。
熱田さんに沢山お詫びして、コーヒーを残してしまいました。
本当に申し訳なかった。
お詫びとお礼を沢山述べて、響を後にしました。


盛岡駅でUさんと別れて、新幹線に乗りました。
次第に暮れゆく空を眺めながら新幹線はひた走り、到着した東京の空気は盛岡よりも柔らかかった。
キンとすることのない空気に触れて、ああ関東に戻って来たのだと思いました。


盛岡では、たくさんの人たちに優しくしていただけました。
皆さん、本当にありがとうございました。
2019年の盛岡旅は、こうして幕を閉じたのでした。
(2019年3月5日、記)


マスターイトーの1日はこちら