FC2ブログ
  • « 2018·12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
2018’05.21・Mon

珈琲旅、阿佐ヶ谷・銀座4 〜ランブル編〜

丸ノ内線の銀座駅で降りてから、てくてく歩いてランブルへ・・・行くと見せかけて宮越屋さんへ。
ここのチーズトーストが大変美味しいのだそうです。
二階のカウンターでは、店長さんの女性が大きなネルでコーヒーを落としてました。
一気に5リットルくらい入れてたような。迫力があります。

もう今日は朝からコーヒーを飲みっぱなしでしたので、ここではコーヒーは飲まずに赤ぶどうジュースにしました。
チーズトーストは塩コショウが効いててスパイシーで美味しかったです。
次来るときはコーヒーも飲みたいなあ。
お店を出たら、いよいよ今日の最後の目的地・ランブルへ向かいました。





ランブル。
2018年5月21日のランブル


こちらも久しぶりの訪問になってしまいました。
お店に着いたら、中西さんがドアのガラスを拭いていました。
外の往来が観光客でごった返していたので、混んでいるのではないかと心配していたのですが、この日のランブルは比較的ゆっくりしていて、カウンターに座ることができました。

今日は林さんと中西さんの二人でお店を回していました(帰り際には奥様も戻って来られてました)。
淡々とコーヒーを作り続ける店内。
コーヒーを楽しむ常連さん。
それだけの光景なのに、なんでか嬉しくなりました。

今日はグァテマラ・オレンジラベルをデミタスでお願いしました。
柔らかく甘い香りが漂ってきます。
とても綺麗な液体で、素晴らしく透んでいるけど、存在感に芯があり軽く感じません。
ほろりとした苦さは気配程度で、解けない甘みを旨味の層が取り囲んでいます。甘味と旨味の境目はシームレスで、仲良く溶け合いながらコーヒーの中で佇んでいました。
とても綺麗な液体を飲んでいるという気持ちになります。
ランブルはいつもそうだなあ。
澄んでいて綺麗なコーヒー。
あー、やっぱりすごいなあ。美味しいなあ。

一杯だけ飲んで、お店を後にしました。
これからも何度も来よう。
ありがとうございました。ご馳走様でした!。


お店を出たら、すっかり夕方でした。
この日も結構歩いていたので、カフェイン沢山入ってたんですが、帰りの電車では爆睡でした(笑)。


マスターイトーの1日はこちら

Categorieカフェ・ド・ランブル(銀座)   Event: - - editTOP