FC2ブログ
  • « 2020·03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
2018’06.11・Mon

珈琲旅・台風の日、釜の幻を追い、ロッキングチェアで極楽を見る

この日は、台風5号が丁度来ていて、朝から雨でした。
雨具をしっかり用意して、総武線に乗りました。

今日の行先は荻窪です。
ブタ釜を置いてある店舗があるのだそうです。
欲しいものがあるけれど何時手に入るか分からないとき、せめて現物だけでも見たいと思う気持ちはよく分かります。
焙煎機を見せて頂けるかどうかは分からないのですが・・・。
見せてもらえると良いよね、という気持ちで出かけました。

荻窪に着くと、シトシトと雨が降っています。
台風の雨というより、梅雨の雨という感じがします。
春木屋というラーメン屋でお昼にしました。
あったかいワンタン麺。
トッピングの煮卵を半分ずつ分け合って食べました。ワンタンがつるつるでとても美味しい!。あったまって、出発しました。


訪れたのは、香ひい屋本舗というお店でした。
ブタ釜は店先に置いてありました。ご挨拶をして、焙煎機を少しだけ見させていただく事ができました(ありがとうございます!)。豆を購入してお店を出ました。


次に向かったのは、かなり前に閉店しているお店、移山房の跡地。
かつてランブルにいらっしゃったY氏のお店の跡だそうです。
Y氏のコーヒーの話は、少し年配のコーヒー好きの方々からは度々聞いています。
もうお店は無い訳ですし、過去の幻を見る様なものなのですが、それでも何か感じ取れるものがあれば良いよね、という話をしながら向かいました。
頼りになる情報は、訪れた事がある人が書いたブログの文章と、写真一枚のみ。
いやあ、これだけで探し出せるのかしらと思っていたのですが、こういう時のマスターイトーは何故だか神がかっていて、何とちゃんと場所が分かったのです。
アナタすごいね!!。
お店の跡はすっかり無くなっていて、別のお店になってましたけど、ここで間違い無いと彼は言います。
念のためにと隣のクリーニング屋さんに突撃していくマスターイトー。
お店の方がよく覚えていて下さって、お隣がかつて珈琲屋さんだったという話を聞けたのだそうです。
やり切ったという充足感を得て、荻窪を後にしました。


台風なので、あまりウロウロしないで帰る事にしました。
まだ時間が早いので、途中の亀戸駅で寄り道する事にしました。
珈琲道場 侍。
有名なお店ですが、私はまだ行った事がありませんでした。
お店は改札口を出てほぼ正面のところにあります。こんな雨の日は本当に助かります。


鎧武者がこちらを見ている・・・!!
2018年6月11日、珈琲道場侍。鎧武者がこちらを見ている・・・!


お店には長いカウンターがあって、ロッキングチェアーが並んでいました。
ロッキングチェアー、座り心地最高です!。ゆらゆら揺れているとウットリしてきて、もうこのまま寝てしまいたくなります。
あーーー、これは良いなあ〜〜・・・。極楽。もう、本当に極楽!!。
私はモカとプリンをお願いしました。
モカはほろ苦・酸という味わいで、プリンは果物とクリームで可愛く飾られています。
プリンが昭和の佇まいをしていて、ウキウキと嬉しくなっちゃいます。とても美味しいです。
今日はあまり歩いてませんでしたが、雨の中を移動するとやはり体力を持って行かれます。
ゆっくりと気持ち良く寛がせていただきました。

お会計してお店を出てから、ハッとしました。
コーヒーを持って来てもらえた時に、つい「ありがとうございます」と言ってしまったのです。

「かたじけない」と言えば良かった・・・。

次に来た時ははそうしよう。
そう思った、楽しい一日でした。


マスターイトーの1日はこちら

Categorieコーヒーいろいろ   Event: - - editTOP